胎盤について

胎盤は生命の誕生においてなくてはならない重要なものです。胎盤と聞いてイメージするのが、妊娠中の妊婦さんが持つものということや「プラセンタ」だと思います。胎盤とは何か、医療や美容で使われることの多いプラセンタとはどのようなものなのかを解説します。

胎盤とは

胎盤は胎児と母親をつなぐ大切なものです。へその緒を通じてつながっていて胎児が育っていくために必要な栄養の受け渡しなどをしていきます。胎盤がなければ人間の生命の誕生はあり得ません。胎盤を持っているのは人間だけではありません。人間以外の一部の哺乳類が胎盤を持っています。哺乳類以外では、ある一部の種類のサメが胎盤を作るとされています。胎盤といえば「プラセンタ」です。胎盤から抽出された成分のことを「プラセンタエキス」といいます。胎児を発育させていく胎盤ことプラセンタは絶大な栄養素の宝庫といえます。胎盤にはアミノ酸やタンパク質、ビタミンやミネラル、酵素などのさまざまな栄養素が含まれています。

胎盤の種類

胎盤ことプラセンタにはいくつかの種類があります。市販のサプリメントなどにも胎盤ことプラセンタが含まれているものはあります。市販で販売されているものに含まれているプラセンタは「豚ブラセンタ」や「馬プラセンタ」と言われているものです。名前の通り豚由来のものや馬由来の胎盤ということです。人間の胎盤を使っている「ヒトプラセンタ」というものももちろんあります。ヒトプラセンタは国内の病院で正常分娩をした女性の胎盤を使っています。しかし、ヒトプラセンタは市販で購入することなどができるものではなく、医療機関でのみ使用や処方が認められているものです。プラセンタは医療、美容、健康などさまざまなことを目的として使われます。