プラセンタのパッケージで選ぶ


プラセンタサプリを選ぶ時の着眼点の1つが、「パッケージ」。

つまり、「サプリメントがどのように包装されているか」という点を忘れずにチェックしてみて。品質や使いやすさの面で違いが現れてくるの。

個包装のもの、シートタイプのもの、瓶入りのものなどさまざまなタイプがあるけれど、どれを選ぶのが良いのかしら?

今回は、ウマいプラセンタサプリの選び方として、おすすめのパッケージという観点から詳しく説明していくわ。

プラセンタサプリのパッケージの種類と特徴

まずは、プラセンタサプリのパッケージにどのような種類があるかご紹介します。

サプリメントの中にも、さまざまなパッケージタイプのものがあるわ。
一般的に多いのが、「個包装」「シートタイプ」「小瓶・ボトル」「チャック袋」の4タイプよ。
それぞれの違いと特徴を詳しく紹介していくわね。

<個包装>

1日分ごとに小袋に包装されているタイプです。服用する直前に開封するので、品質の劣化が少ない、持ち運びしやすいという特徴があります。

<シートタイプ>

薬のように、1粒ずつ押し出せるシートにまとまっているタイプです。PTP包装とも言います。ハードカプセルタイプのサプリなど、1粒が大きいものはシートタイプになっていることが多いです。見た目はほぼ薬。必要な分だけ切り取って持ち運べるという特徴があります。

<小瓶・ボトル>

一般的なサプリメントに多い形式で、30日分などがまとめて小瓶・ボトルに包装されています。まとめての包装になるので、比較的お手頃な価格のものに多い傾向があります。毎日家で飲むと決めている人であれば、持ち運ぶ必要が無いので特に不便は感じないでしょう。ただ、一度開封すると常に空気に触れている状態になるので、吸湿や劣化が進む可能性があります。

<チャック袋>

アルミ袋などに入っていて、取り出し口がチャックで閉められるタイプです。小瓶・ボトルに比べて省スペースで保管できます。袋ごと持ち歩くこともできます。ただ、小瓶・ボトル同様に、開封すると酸化が進む可能性があるので、品質劣化のリスクは否めません。

商品 サラブレッドプラセンタTp200 発酵 キレイ・デ・プラセンタ パセノール
画像
パッケージの種類 個包装 チャック袋 小瓶
利便性
定期価格 2,700円(税抜) 4,611円(税抜) 4,500円(税抜)
一日コスト 約90円(税抜) 約154円(税抜) 約150円(税抜)
公式サイトへ

サラブレッドプラセンタTp200

パッケージの種類 : 個包装
利便性 : ◎
定期価格 : 2,700円(税抜)
一日コスト : 約90円(税抜)

発酵 キレイ・デ・プラセンタ

パッケージの種類 : チャック袋
利便性 : △
定期価格 : 4,611円(税抜)
一日コスト : 約154円(税抜)

パセノール

パッケージの種類 : 個包装
利便性 : △
定期価格 : 4,500円(税抜)
一日コスト : 約150円(税抜)

おすすめのパッケージはどれ?

「個包装」「シートタイプ」「小瓶・ボトル」「チャック袋」の4タイプのなかで、プラセンタサプリの包装としておすすめなのは、「個包装」タイプのものです。

理由は大きく分けて2つあります。

・品質の劣化が少ないから
小瓶・ボトルや大袋に入っているタイプの場合、1度開封してしまうとサプリメントの劣化が進む可能性があります。プラセンタは、サプリメント化する過程でパウダー化されますが、その分非常に湿度に弱いと言われています。湿気を帯びてしまうと、本来の力を発揮できないかもしれません。また、「酸化」による品質劣化も心配です。常に良い状態のサプリメントを摂取したいのであれば、個包装であることは重要な条件なのです。

個包装という観点で言えば、シートタイプのパッケージも良いですね。ただ、透明な素材で覆われているため、光による劣化の可能性もありえるのではないかと思います。

パッケージの素材については「アルミ製」のものがベストよ。湿気を防ぎ、光も通さないから、製造時の新鮮な状態を長く保てると言われているの。

・持ち運びがしやすいから
1回分を包装してあるタイプであれば、そのままカバンやポーチに入れて持ち運べます。シートタイプであれば切り取る必要がありますし、持ち歩いているうちに飛び出すかもしれません。ボトルや大袋入りであれば、わざわざ数えて小分けにする必要がありますし、衛生面でも不安ですよね。

出張が多い人や、旅行先でも飲みたい人などは、個包装タイプを飲むほうが手軽で続けやすいといえます。また、家族や友人と分け合いたいという時にも、個包装は便利ですよ。

サプリメントの品質劣化を防ぎ、手軽に持ち運べるというメリットがあるから、「個包装」タイプの商品を選ぶのがおすすめよ。「いちいち袋を開けるのが面倒くさい…」と思う人もいるかもしれないけど、1日分の個数を考えなくてもいいから逆にお手軽なくらいだと思うわ。
商品 サラブレッドプラセンタTp200 発酵 キレイ・デ・プラセンタ
画像
パッケージの種類 個包装 チャック袋
利便性
定期価格 2,700円(税抜) 4,611円(税抜)
一日コスト 約90円(税抜) 約154円(税抜)
公式サイトへ

サラブレッドプラセンタTp200

パッケージの種類 : 個包装
利便性 : ◎
定期価格 : 2,700円(税抜)
一日コスト : 約90円(税抜)

発酵 キレイ・デ・プラセンタ

パッケージの種類 : チャック袋
利便性 : △
定期価格 : 4,611円(税抜)
一日コスト : 約154円(税抜)

パッケージにプラスしてチェックしたい「質の良いプラセンタ」の見分け方

気になるパッケージの商品は見つかりましたか?最後に、プラセンタそのものの見分け方を紹介します。質の良いプラセンタを個包装で提供しているサプリメントを選ぶと良いですよ。

「質の良いプラセンタ」を見分けるの注目ポイントは、以下の4つよ
・プラセンタの種類
・プラセンタの量
・抽出方法
・その他の配合成分

<プラセンタの種類>
馬プラセンタを選ぶのがおすすめです。豚など他のプラセンタに比べて、アミノ酸含有量も多く、安全性も信頼できると言われているからです。中でも、品質管理が徹底されている「サラブレッド」の胎盤由来のプラセンタサプリが良いです。

<プラセンタ含有量>
含まれているプラセンタの含有量が多いほど良いです。一般的には、プラセンタ原末換算で100mg以上含まれていれば十分でしょう。

<抽出方法>
プラセンタエキスの抽出方法によっても、成分の濃さが変わります。「加水分解法」か「酵素分解法」が用いられることが多いですが、より成分が損なわれずに残っている「酵素分解法」で抽出されたものがおすすめです。

<プラセンタ以外の成分>
美容や健康への相乗効果を考えて、プラスαの成分をブレンドしているサプリの方がお得感があります。1つのサプリで複数の成分がカバーできるので、結果的にサプリメント台を節約することにも繋がります。

商品 サラブレッドプラセンタTp200 発酵 キレイ・デ・プラセンタ
画像
パッケージの種類 個包装 チャック袋
利便性
プラセンタの種類 北海道産サラブレッド 北海道産サラブレッド
プラセンタの原末量 200㎎ 220㎎
酵素分解加圧法 酵素分解加圧法 酵素分解法
プラセンタ以外の成分 ゼラチン なし
定期価格 2,700円(税抜) 4,611円(税抜)
一日コスト 約90円(税抜) 約154円(税抜)
公式サイトへ

サラブレッドプラセンタTp200

パッケージの種類 : 個包装
利便性 : ◎
定期価格 : 2,700円(税抜)
一日コスト : 約90円(税抜)

発酵 キレイ・デ・プラセンタ

パッケージの種類 : チャック袋
利便性 : △
定期価格 : 4,611円(税抜)
一日コスト : 約154円(税抜)

パッケージ以外の点で迷ったら、「プラセンタの種類」「含有量」「抽出方法」「プラスαの成分」という観点から比較するのがウマい選び方。魅力的な商品は、一目瞭然ね。

まとめ

プラセンタサプリを選び方として、パッケージや包装方法に注目すると良い商品に出会うことができます。

今回ご紹介したプラセンタの選び方のコツを振り返ります。
・個包装タイプの商品を選ぶのがおすすめ
・個包装タイプはプラセンタサプリを劣化から守ってくれる
・パッケージ以外では、「プラセンタの種類(サラブレッドがオススメ)」「プラセンタの量」「抽出方法」「プラスαの成分」という観点で比較する

プラセンタサプリを選ぶ際には、上記のポイントに着目して、より良い商品を探してくださいね。

サラブレッドプラセンタTp200

種類
プラ
センタ
200㎎
1日
あたり
83円
定期縛り 2,500円(税抜)

商品紹介

北海道産の純度100%の馬プラセンタが驚きの低価格で手に入ると話題のサラブレッドプラセンタ Tp200。良質な馬プラセンタが1粒に200mg濃縮、高品質なサプリメント。あまり経済的負担をかけることなく馬プラセンタを継続したい人にオススメのサプリメントです。