βカロチンについて

βカロチンの概要

植物に存在する赤橙色の色素であるβカロチンはビタミンAの前駆物質で緑黄色野菜などに含まれている成分です。体内へ摂取されるとビタミンAに変わる事からプロビタミンAと呼ばれる事もあります。βカロチンは動物や植物、微生物などに含まれている色素 カロチノイドの一種で、カロチノイドにはリコピン、アスタキサンチンなどがあります。

βカロチンと活性酸素の関係

βカロチンは摂取されて体内へ侵入すると、身体に必要な分だけビタミンAに変わり、残りは蓄えておく事ができるとても便利な機能を有し、高い抗酸化力を持っています。

人の体内にウイルスが侵入すると健康維持のために活性酸素がウィルスと戦いますが、活性酸素が体内で増えすぎてしまう事も体には影響を与えて、老化が進行したり動脈硬化、がんなど、命にもかかわる大きな影響を与えることから、軽視できない存在と言われています。

活性酸素が増える原因はストレスや喫煙、乱れた食習慣や生活リズム、添加物の過剰摂取などで増えますが、βカロチンが持つ高い抗酸化力によって活性酸素がもたらす様々な疾患や症状の予防に力を発揮します。

βカロチンの効果

・アンチエイジング
高い抗酸化力を持っている事から、体内のあらゆる部分で老化が進行しますが、この進行を抑えるアンチエイジング効果を有しています。

・目の健康を維持
加齢によるものは目にも様々な病気などを引き起こしますが、中でも白内障や夜盲症、欧米では失明率がトップといわれている加齢黄斑変性症などに対し、βカロチンがビタミンAとの相乗効果でこれらの発症や進行を遅らせる効果があります。体内に保有している量が減少すると目が疲れるなどの症状を引き起こします。

・がんの発生の抑制
ガンは活性酸素が細胞遺伝子を傷つける事で発生するメカニズムを持っていますが、βカロチンには活性酸素を制御する効果があるため、がん発生のリスクを軽減させる期待があります。

・粘膜にも力を発揮
βカロチンはビタミンAと行動を共にする事で粘膜を強くする働きを持ちます。それにより、口内炎や口の中の粘膜のトラブルを抑える期待があります。

・美肌効果
加齢によって進行する肌老化をβカロチンの抗酸化作用が働く事により、新陳代謝の促進や紫外線を浴びて日焼けした肌のトラブルを抑える期待があります。

βカロチンを摂取するには

体内へ運ばれたβカロチンは蓄積される物と体の外へ排出される働きを持っており、蓄積される量は摂取したβカロチンの1/3以下の量が蓄積されるのみで、残りは放出されてしまう事から、消化吸収はされにくい成分と言われています。排出される事を踏まえると、摂取しすぎるという事はありませんので緑黄色野菜を進んで摂るようにし、油を用いたりして気熱調理をする事で摂取量をアップさせると良いでしょう。また、サプリメントからも積極的に摂りたい成分です。