ビタミンB1について

ビタミンB1について

ビタミンB1は、水溶性のビタミンB群の一種です。水溶性のビタミンは、水に溶けやすく、熱にも弱いため、尿中に排出されます。そのため、体内に貯蔵される量が少なく、毎日摂取する必要があります。ビタミンB1は、疲労回復・心臓と神経のビタミンとも呼ばれています。

ビタミンB1の働きとは?

ビタミンB1は、炭水化物 (糖質)をエネルギーに変えるために必要なビタミンです。主な働きとしては、成長促進、炭水化物 (糖質)の代謝を促す、乳酸の代謝を助ける、乗り物酔いや二日酔いの防止、心臓・脳・筋肉・神経(中枢神経や末梢神経等)の機能を正常に保つなどの働きがあります。
ビタミンB1が不足すると、脚気、むくみ、胃腸障害、便秘、肩こり、手足のしびれ、集中力・記憶力の低下、皮膚や髪のトラブル、自律神経失調症(慢性的な疲労、不眠、イライラ)などを招きやすくなります。

脳には、ビタミンB1が特に必須

体の働きを維持するには、エネルギーが必要です。主にごはんやパンなどの炭水化物の糖質が、消化・分解され、ブドウ糖となり、体のエネルギーとして利用されます。糖質を分解するときに必要なのが酵素です。ビタミンB1は、酵素と結合して働きを助けてくれます。そのため、ビタミンB1が不足してしまうと、うまく糖質の分解がスムーズに行われず、
エネルギー代謝が悪くなります。さらに、ピルビン酸からできる乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。

また、ビタミンB1は、全身に指令を送る中枢神経や末梢神経(運動神経・自律神経)にも深く関わっています。中枢神経や末梢神経の働きは、脳によって調整されています。脳は、ブドウ糖が唯一のエネルギー源となっています。そのため、ビタミンB1の不足により、脳へのエネルギーが滞ると、記憶力・運動能力の低下や自律神経失調症などを招きやすくなります。

ビタミンB1を多く含む食品とは?

ビタミンB1は、不足しやすいビタミンですので、毎日補うことが大切です。食品では、
豚肉、レバー、大豆、うなぎ、玄米、酵母(イースト)、オートミール、ピーナッツ、牛乳などです。毎日、食事から摂取することが難しいという場合は、ビタミンB群のサプリメントで補うという選択肢もあります。
疲れやすいというのは、エネルギー不足ということです。ビタミンB1は、疲労回復、集中力や記憶力アップ(脳の活性化)、ストレスの緩和、神経機能の正常化、消化液の分泌を良くする、肌のターンオーバーの正常化などに期待されている成分です。