血行促進について

人間の体の中の血の巡りのことを「血行」といいます。血行は摂取した栄養素を体の隅々まで運んだり、体内に溜まっている老廃物を排出させたりする役割があります。血行促進をすることは体の健康を維持するために必要なことなのです。

血行促進は重要

血液の状態というのは人間の体の健康にとって、とても重要なものです。しかし、近年では生活習慣の乱れなどから血行が悪くなってしまっている人は多く存在します。血行不良はさまざまな体調不良や病気などを起こす原因にもなるので、血行促進をすることでトラブルを回避する必要があります。血行不良になる原因としてあげられるのは、食生活の乱れやストレス、運動不足などです。毎日の悪い生活習慣によって活性酸素が増加すると活性酸素によって血液は酸化されてしまい、ドロドロした状態になってしまいます。血液が流れにくいドロドロの状態になれば血行は悪くなっていく一方です。そんな最悪の状態にならないようにするためにも血行促進をしていくことが大切です。

血行促進するための方法

健康を維持していくためには血行促進させる必要があります。血行促進の方法として食生活を改善するという方法があります。血液をサラサラにするとされているビタミンCやビタミンE、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸、血液を健康にするとされているポリフェノールを意識して取り入れていくようにしましょう。運動不足になると血行不良になってしまうので、毎日適度な運動や体を動かすことを心がけていきまよう。マッサージをしたり、湯船につかって入浴することも血行促進につながります。睡眠をしっかりとる、タバコを吸わないなど規則正しい生活習慣を毎日送っていくことも血行促進につながります