グルコサミンについて

グルコサミンの概要 動物などの骨や骨髄そして貝の殻などに存在しているグルコサミンは黒麹カビなどにも存在している事が判っている。 天然のアミノ酸であり、糖たんぱく質や糖脂質の構成成分の一つで、糖とアミノ酸が合体したアミノ酸

N‐アセチルグルコサミンについて

N‐アセチルグルコサミンの概要 アミノ酸の一種で単糖の一つです。類似名であるグルコサミンとは少し異なり、グルコサミンが硫酸炎や塩酸塩を用いて分解抽出しているのに対して、N‐アセチルグルコサミンは天然に存在する形を壊さない

βカロチンについて

βカロチンの概要 植物に存在する赤橙色の色素であるβカロチンはビタミンAの前駆物質で緑黄色野菜などに含まれている成分です。体内へ摂取されるとビタミンAに変わる事からプロビタミンAと呼ばれる事もあります。βカロチンは動物や

カツオエラスチンについて

カツオエラスチンの概要 エラスチンは体内でタンパク質トロポエラスチンとして繊維芽細胞などで生成された後、分子がミクロフィブリル糖たんぱく質の周囲などに集まってエラスチンとなります。 ヒトの体内では様々な箇所に存在しており

グリシンについて

グリシンの概要 グリシンはアミノ酢酸の一つで、体内で合成する事ができる非必須アミノ酸です。たんぱく質を構成しているアミノ酸の中でも最も単純な構成をしているグリシンは、糖源性アミノ酸であり、別名グリココルとも言われています

コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10の概要 ミトコンドリア内膜や原核生物細胞膜に存在しているコエンザイムQ10は電子伝達体の一つであり、生命活動にて重要な役割を担っている補酵素でユビキノン(UQ)とも言われています。 生命活動の原動力とな

1 2 3 4 5 6 7 8