細胞増殖について

細胞増殖を促進させる物質で「成長因子(グロスファクター)」というものがあります。成長因子は別名、「増殖因子」や「細胞増殖因子」とも呼ばれています。成長因子は「人成長ホルモン」を活発にする物質であるとされています。

成長因子とは

細胞増殖を促進させる成長因子は体内のたんぱく質の総称です。人間は「人成長ホルモン」によって健康が維持されています。人成長ホルモンは人間の体の全ての細胞の成長や代謝に関わる重要なホルモンです。人成長ホルモンは20歳前後をピークとして急激に分泌量が減少していきます。このホルモンが減少していくことで人間は老化現象が起こっていきます。老化現象を起こさずに若々しさを保つためには人成長ホルモンを活発にする必要があります。そこで活躍するのが細胞増殖を促進する成長因子なのです。成長因子は細胞同士のシグナル伝達の役割を果たして、細胞増殖していきます。成長因子にはたくさんの種類が存在していて、美肌力につながるものもあります。美肌に良いとされている成長因子は基礎化粧品などにも配合されていることがあります。

成長因子の種類

細胞増殖を促進する成長因子の中でも肌に良いとされているものをいくつかあげていきます。

・EGF(表皮細胞成長因子)は、肌のターンオーバーに働き表皮の細胞増殖に良いとされています。
・aFGF(線維芽細胞成長因子)は、真皮の線維芽細胞を増殖させてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出していきます。
・IGF(インスリン成長因子)は、壊れた細胞の生成をサポートします。
・TGF-β(トランスフォーミング成長因子)は、コラーゲンやエラスチンを強くして肌を整える力があるとされています。

細胞増殖をさせる成長因子を知ることでエイジングケアの幅が広がります。