コエンザイムQ10について

コエンザイムQ10の概要

ミトコンドリア内膜や原核生物細胞膜に存在しているコエンザイムQ10は電子伝達体の一つであり、生命活動にて重要な役割を担っている補酵素でユビキノン(UQ)とも言われています。
生命活動の原動力となるほか、高い抗酸化作用を有している事からアンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

ユビキノンの由来について

ユビキノンはユビキタス(ubiquitous)が語源となっており、あらゆるところにある、あらゆるところに存在するという意味が含まれているラテン語由来です。1957年にアメリカの研究者の手によって発見された脂溶性の補酵素をコエンザイムQ10と名付けた事が初めての発見と言われています。
この発見から様々な研究機関によって研究がなされており、日本でも研究が現在でもまだ数多く行われています。

コエンザイムQ10の種類

コエンザイムQ10には還元型と酸化型に分けられており、酸化型と呼ばれている物が従来のサプリなどに配合されているコエンザイムQ10です。酸化型コエンザイムQ10は体内へと摂取されると一度還元型に変化をしてから体内へ吸収され、一方の還元型と呼ばれているコエンザイムQ10は体内に有るそのままの形を有していることから、酸化型の方が体に吸収しにくいと言われています。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10は生命の原動力を担っていると言っても過言ではなく、エネルギーそのものを作り出す働きを行っています。そのため、コエンザイムQ10の働きが低下すると疲労や老化、様々な病気などを引き起こすきっかけとなります。このことから、疲労回復、心臓機能の向上、生活習慣病の予防、アンチエイジング効果、関節痛や骨粗しょう証の症状の予防・緩和などに期待があります。
特にコエンザイムQ10は高い抗酸化力を持っている事が広く知られています。ヒトの身体が酸化してしまう(=老化)と、肌にはシミやシワなどが出来たり、血管には通りがスムーズに出来ず詰まりやすくなったりします。糖尿病は体が酸化した際の代表的な病と言っても過言ではありません。脳や血管、肌のほかにも臓器などが酸化する事を制御する働きを持っているほか、免疫細胞の強化や白血球の働きを高める等の効果も判っています。

アスリートも注目するコエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10は様々な働きを持っており、心臓の収縮力を高め心臓病や狭心症などを予防する事ができます。この心臓機能を高める点に注目が集まり、心拍数が乱れにくくなったり、持久力の向上、早期体力回復などを得られる事からアスリートも注目しています。