コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は人間の体の中で作り出されている成分です。魚介類や肉類に含まれている脂溶性の物質でもあります。コエンザイムQ10はキノン構造がある物質なのでユビキノンやCoQ10とも呼ばれています。

コエンザイムQ10の特徴

コエンザイムQ10は人間の体の中で作り出されるものですが、作り出される量には限りがあって年齢を重ねるごとに減少していく成分です。コエンザイムQ10の生成される量は20代でピークになり、30代から40代となるとピーク時の30%以上も減少していきます。コエンザイムQ10を魚介類や肉類の食べ物から摂取していくことはできますが、必要量の十分な摂取は難しいため、サプリメントなどから摂取することが良いとされています。コエンザイムQ10が体から減少していくと、疲れやすくなったり、肌が劣化したり、体調をこわしやすくなったりなどの老化現象が起こりやすくなります。

コエンザイムQ10の力

コエンザイムQ10が体から減少していくと老化現象が起きてくるということは、コエンザイムQ10を摂取していくことで老化現象を予防してアンチエイジングが期待できるということです。コエンザイムQ10という名前は広く知られていますが、コエンザイムQ10の具体的な力というのは知られていないと思います。「体に良い」「美容に良い」という単純なイメージがありますよね。コエンザイムQ10には摂取した栄養素をエネルギーに変換する力や活性酸素から守る力があります。コエンザイムQ10を摂取することで原動力となるエネルギーを作り出すことができるので疲れにくい体作りができるのです。そして活性酸素から守る力があるので肌や体の老化現象を防ぐ事が期待できます。