コラーゲンペプチドについて

コラーゲンペプチドの概要

グリシンがコラーゲン全体の1/3を占めており、その他プロリン、アラニンヒドロキシプロリンなどで構成されているタンパク質の一つです。真皮や靭帯、腱、骨や軟骨などに存在しており、動物だけではなくヒトの体内にも存在しテイル物質で、体内の総タンパク質の3割がコラーゲンだと言われています。

コラーゲンとの違いは?

サプリメントなどにはコラーゲンペプチドと記載されている事が多いのですが、コスメ用品などにはコラーゲンと表記されている事が多くあります。厳密にいうとコラーゲンとコラーゲンペプチドはアミノ酸の組織が全く同じです。

違いは分子の大きさが異なっており。アミノ酸の組織が全く同じものを分子の大きい順にするとコラーゲン⇒ゼラチン⇒コラーゲンペプチド⇒アミノ酸の順に分子の大きさが異なっています。

分子の大きさによって用途を使い分け

先にも述べた様に分子の大きさの違いがあり、それとと共に用途も異なっています。

  • コラーゲン…食品、化粧品、医療原
  • ゼラチン…食品、衣料用カプセル、写真
  • コラーゲンペプチド…食品、飲料品、健康食品、化粧品
  • アミノ酸…調味料

と、同じアミノ酸組織であっても分子の大きさが異なるだけこれらの様な使い分けがなされています。

必要摂取量について

コラーゲンペプチドの1日に必要な摂取量は骨と肌では異なっており、骨には1日10g、肌には5gが必要だと言われています。ただし、食品から摂取する事はコラーゲンペプチドの存在している場所柄大変難しいと言われており、サプリメントやドリンクなどから摂取する事が理想的だと言われています。しかし、摂取したコラーゲンの持続性は低いことから、毎日摂取し続ける事が必要です。

コラーゲンペプチドの効果

肌の生成をコントロールしている細胞である繊維芽細胞の活性化を行ってくれます。この繊維芽細胞は肌の場合、真皮に存在していてコラーゲンやヒアルロン酸などを作りだしている細胞の基となる細胞です。そのため、繊維が細胞が活性化すると美肌に必要な成分であるコラーゲンやヒアルロン酸を多く生み出し、コラーゲンペプチドが表皮細胞と真皮細胞の両方に効果をもたらし、ハリやツヤのある美肌をキープする事ができます。
また、骨にも効果はあり、軟骨にある組織に悪い影響を与える遺伝子の発生を減少させる効果があり、コラーゲンペプチドは細胞の信号となり制御する事が可能な事から、骨が若い状態を保つ伝達を行っている事が判っています。