コラーゲンについて

コラーゲンの概要

コラーゲン(英語表記:Collagen、ドイツ語表記ではKollagen)とは背骨を持つ脊椎動物の真皮や腱、骨や軟骨、靭帯などを構成しているタンパク質の一つで、多細胞生物の細胞外マトリックスの主成分となっています。

コラーゲンは様々な所で利用されており、熱を加えて抽出されたゼラチンが代表各と言えます。
このコラーゲンから抽出されたゼラチンには食品としてだけではなく、医薬品としてや化粧品などにも使用がされています。

人体にもコラーゲンは存在しており、体内にあるたんぱく質の3割を占めていることが判っています。

様々な種類があるコラーゲン

コラーゲンにはいくつかの種類があり、その数は30種類近くあります。
・Ⅰ型コラーゲン
最も多いコラーゲンと言われており、特に骨に多く含まれており、真皮や靭帯、腱などに含まれている。
・Ⅱ型コラーゲン
眼球の硝子体の成分でもあるⅡ型コラーゲンは関節や軟骨に多くみられる。
・Ⅲ型コラーゲン
Ⅰ型コラーゲンと共存している事が多いと言われており、真皮や大動脈に多くみられる。
・Ⅳ型コラーゲン
上皮細胞と間質細胞の間に存在している基底膜の主成分。
・Ⅴ型コラーゲン
Ⅰ型やⅢ型コラーゲンの存在している箇所に含まれている。
これらの様にコラーゲンの種類にはローマ数字で約30種類の分類が行われています。

美容とコラーゲンの関係

京都府立大学の研究グループによると、経口摂取を行う事によってヒドロキシプロリンペプチドの血中濃度が長時間にわたって上昇し、損傷を起こしている繊維芽細胞を刺激して再生する働きがある事が判っている。
しかし、正常なコラーゲンの合成には2価イオンやビタミンCが必要である。

体内でコラーゲンが生成されるかはタンパク質をアミノ酸に分解させる異化と、アミノ酸からタンパク質を生み出す同化の機能によって左右され、体内で行われるコラーゲンの生成は単体で行う事が出来ず、リシンやビタミンCが必要となる。

コラーゲンとペプチドの関係

体内へ摂取されたコラーゲンは高割合でアミノ酸数個が合体したペプチド形態をとっています。
中でもヒドロプロリンペプチド(P-O)とヒドロプロリングリシン(O-G)のペプチドが多く吸収されています。

この「O」はコラーゲン特有のアミノ酸と言われており、全てのペプチドに含有されています。
これまでは体を作る際に重要な働きを担っていると考えられていましたが、現在ではまだ全てを解明できない時点ではあるが、信号を送信し、細胞を活性化させる働きがあるとみられています。

コラーゲンを含有する食品

肉や魚の皮や軟骨、骨に存在しており、鳥の皮、軟骨、筋、サケ、ウナギなどに含まれるほか、ゼラチンやゼラチンで作られたゼリーなどが挙げられています。