EGFについて

EGFとは

EGFとは、epidermal growth factorの略です。正式名称をヒトオリゴペプチド-1と言い、上皮成長因子とも呼ばれています。1962年に、アメリカの生化学者によって発見されました。
EGFは53個のアミノ酸と、3つの結合分子でできたタンパク質です。EGFは、上皮の他、唾液や母乳などにも含まれています。上皮細胞に影響を与え、上皮細胞の活性化を促したり、再生を促したりする作用があることで知られています。EFGは、皮膚の再生医療など医療分野でも取り扱われています。化粧品や美容サプリメントなど、美容分野でも人気を集めています。

EGFの働き

EGFは上皮成長因子受容体(EGFR)とくっついて反応し、チロキンシナーゼを活性化させます。そうすることで、新しい細胞を作ったり増やしたりすることができます。上皮の細胞が正常に機能するよう調節する働きもあります。上皮の細胞が再生するのをサポートしてくれることも。
角膜細胞や気管支上皮細胞の活性化を促す働きもあります。

EGFに期待できること

EGFには上皮の再生を促す力があるため、怪我や病気などによって傷ついた上皮の回復を手助けしてくれることが期待できます。上皮細胞や角膜細胞などの再生医療分野で、活躍している成分として知られています。
上皮細胞を正常に導く働きがあるため、お肌のターンオーバーを整え、シミ、くすみ、ニキビなどのお肌のトラブルを抑えてくれることも。新し上皮細胞を増やしてくれるので、シワやたるみなど加齢によるお肌のダメージを軽減し、見た目年齢を下げてくれることも期待できます。美肌とアンチエイジングを目的とする化粧品やサプリメントなども多く販売されています。
健康と美容をサポートする成分として、いろんな分野から注目されています。