必須アミノ酸について

必須アミノ酸は体内でつくられないため食物から摂る必要のあるアミノ酸

ヒトの体は主に20種類のアミノ酸で構成されていますが、そのうち9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)は体内でつくられないため、食物から摂らなければなりません。肉や魚、卵、乳製品などには必須アミノ酸がバランスよく含まれており、これらは良質なタンパク質とされています。

タンパク質の評価は必須アミノ酸のバランスで決まる

タンパク質の栄養価を評価する上で重要なのが、必須アミノ酸のバランスです。必須アミノ酸はそれぞれがバランスよく含まれて初めて有効に活用されます。もし一つの必須アミノ酸の含有量が極端に低い場合には他のアミノ酸もタンパク質の生成に有効に活用されなくなります。
そこで必須アミノ酸のバランスを評価するのに用いられるのが「アミノ酸スコア」です。これは国際基準で決められた理想的なアミノ酸のパターンの各必須アミノ酸の量との比較において、その食材で最も見劣りのするアミノ酸の量と理想パターンの同じアミノ酸の量との割合を現したものです。
例えば、卵や牛乳、肉や魚は100に対して白米は65、食パンは44、うどんは41などです。タンパク質として食べる量の問題は別として、この値からその食材の必須アミノ酸のバランスのよさが判断できることになります。

必須アミノ酸の特性と働き

バリン、ロイシン、イソロイシン・・・筋肉をつくる上で必要なアミノ酸とされています。化学構造上枝分かれしているため分岐鎖アミノ酸またはBCAA(Branched Chain Amino Acid)としてよく知られています。
フェニルアラニン、トリプトファン・・・神経伝達物質の材料
メチオニン・・・タンパク質合成の最初に必要、肝臓での解毒作用に関係
スレオニン・・・成長促進、脂肪肝の抑制
リジン・・・脂肪燃焼に必要なカルニチンの材料(穀物類に少ない)
ヒスチジン・・・ヘモグロビンや白血球の産生に関係