エストロゲンについて

エストロゲンとは

エストロゲンは、女性ホルモンの一つです。卵胞ホルモンとも呼ばれます。エストロゲンは、排卵や月経に大きく関わり、女性の体を健康に美しく保つ重要なものとなっています。
女性ホルモンを管理している脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されると、下垂体が反応し、卵巣刺激ホルモンを分泌します。この刺激を受けた卵巣が、エストロゲンを分泌します。
エストロゲンの分泌量は月経周期に左右され、月経の終わりから排卵前に多く分泌されます。妊娠・出産でも変化します。
エストロゲンは、年齢によっても分泌量が違います。初潮が訪れる頃から増え始め、20代30代でピークを迎え、閉経後に急激に減少していきます。

エストロゲンの働き

エストロゲンには、子宮内膜を厚くして妊娠できる準備をする働きがあります。妊娠・出産に欠かせないホルモンとなっています。
カルシウムの吸収を助ける働きも。血中の善玉コレステロールと悪玉コントロールをコントロールする働きもあります。
血管の拡張を促し、基礎体温を低下させる働きがあることから、基礎体温を定期的に測定することで、エストロゲンの分泌量の目安を知ることができます。
また美容にも大きく関係し、女性らしい体型をつくったり、美肌にしたりということも。

エストロゲンに期待できること

エストロゲンの分泌を正常にすることで、妊娠しやすい身体をつくることが期待できます。女性ホルモンが急激に減少することで起きると言われている、更年期障害の症状を和らげることも。
骨粗しょう症や動脈硬化などの予防で知られ、健康な体になるサポートをしてくれることも。肌のハリとツヤ、潤いなどをアップして、美肌になるのをサポートしてくれることも期待できます。