プラセンタの疲労回復への期待

毎日の疲れがなかなか取れない・・・、こんな風に悩んでいる方は多いですよね。平日はもちろん、休日であっても家事や育児で忙しく、しっかりとした休みが取れないことも多いでしょう。
疲れは一過性のものではなく、徐々に蓄積していくものです。疲労が溜まれば溜まるほどその状態からの回復は遅く、難しくなります。
そして、限界を超えた疲れが溜まってしまったとき、人は肉体的、精神的に壊れてしまうのです。

「ちょっと疲れ気味だけどこのくらいなら大丈夫」、その油断が命取りになってしまうことも少なくありません。
最近体が重い、だるいと感じたら、無理せずに休息を取りましょう。しっかり体を休めたほうが結果的に仕事も家事もスムーズに進むものですよ。
今回は多くの人が悩まされている疲労について、そして効果的な疲労の取り方についても説明していきますね。

疲労ってなんだろう?

参考:ヘルスケア大学

疲労を明確に定義することは難しいです。というのも、疲労の感じ方は個人によって大きく違いますし、見られる症状も異なるためです。
そのため、どうしても主観的な判断になってしまうことが多く、「疲れている」と他人に言葉で説明してもうまく伝わらない場合も多くあります。
最近よく話題になる過労死も、本人の疲れを周囲が見抜けなかったために起こったケースが多いようです。

疲労の種類は大きく3つに分けられると言われています。それぞれ「精神的疲労」、「肉体的疲労」、「脳疲労」です。
精神的疲労は強いストレスに晒されたときに感じます。この状態が長く続けば「うつ」などの精神病を発症してしまうかもしれません。
肉体的疲労は単純な体の疲れのことです。激しい運動や重労働を行った際に感じる疲労ですね。
最後の脳疲労とは、長時間集中したときに感じる疲労です。細かい作業をぶっ通しで行うと脳が疲れてしまい、作業効率が低下してしまうのですね。

これらの疲労は密接に関係しています。たとえば精神的疲労が蓄積すれば、そのうち肉体的な疲れも感じるようになりますし、逆に肉体的疲労を慢性的に感じていれば、徐々に精神的にも辛くなっていくでしょう。

疲労は蓄積する

恐ろしいことに、疲労はどんどん蓄積していきます。そして、回復に必要な時間も長くなってしまうのです。
激務で精神的、肉体的にやられてしまった人が、なかなか社会復帰できないのはこれが原因の一つだと言われています。

初期段階なら一晩寝れば回復できたのに、無理をしてしまったせいで回復に数ヶ月かかってしまうのですね。
こうならないためにも、疲れを感じたらなるべく早めに休息をとることをおすすめします。

では、どうすれば効率的に疲れを取れるのでしょうか?以下で解説していきますね。

効率的な疲れの取り方は?

ベンチ
パッと思いつく方法は寝ることではないでしょうか?確かに睡眠は疲労回復に大きな効果があります。ですが、他の方法と組み合わせることでさらに効率的に疲れを取ることができるのです。

よくおすすめされるのは適度な運動ですね。もっと疲れてしまうんじゃ?と思うかもしれませんが、運動で感じる疲労はまた別物です。そして心地よい疲労を感じながら布団に入ることで、いつもより熟睡でき、睡眠による回復効果を高めることができます。

また、運動によってストレスを解消できますから、精神的疲労を取ることにも繋がります。
他には、友人と遊ぶこともストレス解消としてもちろん効果があります。仕事の愚痴を言いあえばそれだけでも仕事のプレッシャーから解放されるでしょう。

要は、疲れを取るためには楽しい時間を過ごせばいいのです。趣味に没頭したり、人と会ったりなど、気分転換できる場が重要なのですね。

ただ、毎日が忙しくそんな時間が取れそうにない、という方もいるでしょう。そんなときはサプリメントに頼ってみるのも一つの手です。

プラセンタには疲労回復の効果がある

さまざまな種類のサプリメントが販売されていますが、ぜひおすすめしたいのはプラセンタサプリメントです。プラセンタにはアミノ酸やミネラルが豊富に含まれており、疲労回復に大きな効果があるとされています。

アミノ酸は主に肉体的疲労の回復に効果があると考えられています。肉体的な疲れとは全身の筋肉を酷使した結果、筋肉内に乳酸が溜まって感じるものです。たとえば、一日中歩き続ければ主に足の筋肉に乳酸が溜まり、寝る前には足がパンパンになっているでしょう。
他にも、ずっとデスクワークをしていれば筋肉が凝り固まり、同じく疲労を感じるようになります。
アミノ酸はこの疲弊した筋肉の修復を助け、回復を早める効果があると言われています。ですから、睡眠前にはアミノ酸を豊富に含むプラセンタを摂取することで、次の日に疲れを持ち越しにくくなるでしょう。

ミネラル類は体内での栄養素の合成を助けたり、神経の働きを調整する作用があるとされています。カルシウムが不足するとイライラしやすくなると聞いたことがありませんか?この例は少し大げさ過ぎる感じもしますが、確かにカルシウムは神経の働きに強く関与しているので、必ずしも間違いではありません。カルシウムを含むミネラル類が不足すると、神経の正しい働きが阻害されてしまい、感情がコントロールできなくなったり、慢性的な精神疲労に繋がる可能性があります。
そのため、プラセンタでミネラル類を補給することで、精神的な疲れを和らげられる場合もあるのですね。

また、プラセンタは自律神経の働きを調整することにより、リラックス効果もあると考えられており、慢性的なストレスに悩まされている方にもピッタリです。

栄養ドリンクのように無理やり体を奮い立たせるものではないので、安心して毎日続けることができますよ。もちろん睡眠や運動も重要ですが、それらに加えてプラセンタを始めればより効率的に疲れを取ることができるでしょう。

まとめ

本来、少しでも疲れを感じたらすぐに休みを取るべきです。しかし、そんな都合良く休めるわけではありませんよね。
ですから、日々の疲れを上手くコントロールすることが大切です。今日の疲れはできるだけ今日のうちに取ってしまうことを心がけたいものです。
そして疲れが限界に達しそうなときには周囲に助けを求めましょう。先述したように疲労感は周囲から察しにくいものです。
何も言わなければ、あの人はきっと平気なんだと勘違いされてしまうかもしれません。自分の大切な体は自分で守ってあげてくださいね。