FGFについて

FGFとは

FGEとは、fibroblast growth factorsの略です。日本名で、線維芽細胞増殖因子と呼ばれています。FGFは23種類あり、FGFファミリーと呼ばれることも。FGFの種類によって、働きが違うことが分かっています。
FGFは成長因子の一つで、ヘパリン結合性タンパク質でできています。
FGFは、線維芽細胞を活性化させることで、皮膚の傷を再生したり、新しい血管を成長させたりする期待があります。胚の発生にも作用することが分かっています。肌の再生医療として活用されることも。

FGFの働き

FGFは、表皮にあるFGF受容体にくっつくと、線維芽細胞を活発化させる働きがあります。そうすることで、肌のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの美容に重要な成分を増加させます。肌の新陳代謝を促し、皮膚の傷などを再生させる働きも期待されています。
毛髪の成長を促進して、頭皮の健康をサポートしてくれる働きもあるようです。
元ある血管から新しい血管を枝分かれさせ、新しい血管を生み出す働きもあります。

FGFに期待できること

血管新生の働きがあることから、血管疾患の治療方法としての活躍が期待されています。
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどを増加させることから、お肌のハリとツヤをアップさせ美しい肌に導いてくれることも。シワやたるみも軽減につながることから、見た目年齢を下げ、外見を若々しく見せてくれることも期待できます。お肌の新陳代謝を促してくれることから、肌のターンオーバーを整え、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれることにつながることも。
このような美肌に大きく関連するFGFはFGF-1(酸性線維芽細胞成長因子)で、化粧品にはヒトオリゴペプチド-13と表記されています。
頭皮と毛髪にも作用するため、毛髪のケアにも使われています。