葉酸について

葉酸は妊娠中の女性に欠かせない栄養素として近年では注目されいる栄養素ですが、妊娠中でなくても人間の健康を維持していくためにはなくてはならない栄養素です。葉酸は水溶性のビタミンB群の一種とされている栄養素です。

葉酸とは

葉酸はほうれん草の葉から発見されたためこの名前がつけられました。ほうれん草の他にもブッロコリーやアスパラガスなどの緑の葉の植物に多く含まれています。緑の葉の植物以外にもレバーなどの動物性の食品にも多く含まれています。葉酸は細胞分裂やDNAの合成などをサポートする栄養素です。特に妊娠初期の妊婦さんのお腹の中では胎児の体を作り出すために活発に細胞分裂が行われています。この細胞分裂をするために必要なのが葉酸の力なのです。葉酸が不足してしまうことで胎児の障害リスクは高くなるとされています。妊娠中の女性の葉酸の摂取は厚生労働省も推奨していることでもあります。葉酸には造血力もあるので産後は母乳が出やすくするためにも摂取していきたいものです。

葉酸不足による症状とは

葉酸が体から不足してしまうと、口内炎や下痢、食欲不振などの症状が起こります。そして葉酸が不足することで「ホモシステイン」という物質が増加します。ホモシステインが増加すると動脈硬化のリスクが高くなるとされています。葉酸は細胞分裂に関係している栄養素なので、意識して摂取していくことで美しい肌や髪を作り出すサポートをしていくことができます。アンチエイジングのためには欠かすことのできない成分です。葉酸は妊娠中でなくても美容や健康の為に摂り入れていきたい栄養素です。葉酸は水や熱に弱いので、食事で摂取していく場合は調理方法に気を使っていかなくてはなりません。効率よく摂取していきたい場合は葉酸サプリなどがおすすめです。