GMPの認定工場のプラセンタを選ぶ

「GMP」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?この言葉は医薬品やサプリメントなどを作る、選ぶときにとても大切なものです。
GMPは「Good Manufacturing Practice」の略です。これを見てなんだか難しそう・・・と感じたかもしれませんね。でも大丈夫、丁寧にわかりやすく解説していきますね。

まずGMPを簡単に説明すると、製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。
医薬品、サプリメントは直接体の中に入るものですから、衛生面にはとくに気をつかわなければなりません。
たとえばの話として、虫がそこら中にいたり、ゴミがが散らかっていたりするような工場で作られた食品を食べたくなるでしょうか?
絶対になりませんよね?これは少し極端な例ですが、衛生管理がしっかりしていることは製造業としてとても重要なことです。

そして、とくに衛生面、品質管理が優れていると国が認めた工場を「GMP認定工場」と呼んでいます。
今回はGMP認定工場では具体的にどんな取り組みが行われているのか、また、それらの工場で作られたサプリメントを選ぶことの大切さについて解説していきますね。

GMP認定工場ではどんな取り組みが行われているの?

GMPの取り組みには大きく分けて2つあります。それを「ハードとソフト」と呼んだりもします。

「ハード」は主に工場の設備のことを言います。当たり前ですが、汚い工場で作られた医薬品や食品に価値はありません。
たとえ、どれだけ体に良い成分が含まれていようと、どれだけ美味しい食べ物であろうと、健康被害が起きうるものは販売してはいけないのです。

健康被害を起こさないためには徹底した衛生管理、品質管理が求められます。そのために工場の設備は最新のものを利用する、定期的にメンテナンスするという工程が必要になります。
GMP認定工場として認められるには、これらの基準をクリアしなければならないのです。

じゃあ「ソフト」って?

次に「ソフト」についてです。ソフトとは主に人の取り組みや考え方を言います。
ハードが整っていようとも、その扱いが雑であれば意味がありませんよね。また、個人によって考え方、取り組み方が異なれば、製品の質にムラができてしまいます。

こういったことがないように、前もってしっかりルールを設定し、全員がそれに則って作業するのです。
具体的な例を出すと、ある設備の使い方マニュアルを整備したり、清掃時のルールを細かく設定したりなどですね。

この「ハードとソフト」が両立した工場でなければGMP認定工場として認められません。消費者の立場に立って、真摯に取り組んでいる工場のみがGMPの称号を得ることができるのですね。

GMPの基準は時代によって変わり続ける

gmp基準

GMPの基準は常に一定ではありません。時代の変化、技術の発展、そして消費者のニーズによって変化し続けるものです。
ですから、一度GMPとして認められた工場であっても、常にそれを維持し、より良いものにするための努力が求められるのです。

ある取り組みを行ったら、それは正しかったのか、効果はあるのかについて考察して今の工程にフィードバックする。これを繰り返すことで衛生面や品質管理はさらに進歩して、今よりももっと安全な工場として信頼を得ていくことができるのです。

長くGMP認定工場として認められている工場には、それを実践できるノウハウと実際に実行できる行動力が備わっています。
そういった工場は世間から評価され、そこで製造されている製品も高い評価を得られるのです。

プラセンタサプリメントもGMP認定工場で作られたものを選ぶべき

プラセンタサプリメントも体の中に入れるものですから、製造時には衛生面にとくに気をつかわなければなりません。健康食品といえど、医薬品と同じレベルでの衛生管理が理想です。
とくにプラセンタの加工にはいくつかの滅菌工程があるため、それらがきっちり行われていないものは感染症やアレルギーを引き起こす可能性もあります。

本当なら、全てのプラセンタサプリメントがGMP認定工場で作られるべきです。しかし、残念ながら現時点ではそのような状態ではありません。
どんな衛生環境の工場で作られているかわからないプラセンタサプリメントも、当たり前のように販売されているのです。

体に良いとされているプラセンタなのに、製造工場の衛生管理に問題があって健康被害が出てしまえば元も子もありません。
プラセンタサプリメントを選ぶ際には、ぜひともGMP認定工場で作ったと公表している製品を選ぶようにしてくださいね。

まとめ

プラセンタサプリメントを選ぶとき、製造元の工場までチェックすることはあまりないかもしれません。
しかし、GMP認定工場で作っているかどうかはとても大切なことです。もちろん、価格やどの動物由来のプラセンタを使っているかもサプリメントを選ぶときの大切な判断基準ですが、それ以上に製造元がGMP認定工場であるかどうかは重要視したいですね。