GMPについて

GMPとは

GMPとは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略です。製品が安全に作られ、一定の品質を保持できるために定められている規定です。日本の医薬品は、GPMの規定を厳守するように義務づけられています。化粧品や健康食品などには義務づけられていませんが、GPMの規定にそった製品作りが広まりつつあります。
GPMはWHO(世界保健機構)で作られ、1969年に各加盟国に広められました。現在では、多くの国で法令として取り入れられています。
GPMガイドラインとして、人為的なミスを防ぎ最小限に抑えること。製造工程による汚染や品質の低下を防ぐこと。高い品質を維持できるシステムを作ること。などが決められています。

GMP省令

日本ではGMP省令が用いられています。これは1980年に厚生労働省が薬事法に基づいて定めたもので、医薬品や一部の医薬部外品を対象としています。この省令があるおかげで、日本の医薬品・一部の医薬部外品は、安全性が高く一定の品質を維持したものとなっています。医薬品・一部医薬部外品は、GMP指定の工場で製造されています。

GMPマークの価値

近年、健康食品にも医薬品のようにGPMが導入されるようになってきました。健康食品GPMガイドラインにそって、国内で作れた健康食品には、公益財団法人 日本健康・栄養協会か、一般社団法人 日本健康食品規格協会のGPMマークがついています。
今まで健康食品の安全性や品質にはあいまいな部分がありましたが、GPMが導入されることで、安全性と品質が向上してきています。GPMマークがついていることで、利用者が安全で品質の良い健康食品を選ぶことができるようになりました。GPMマークのついている健康食品を購入するように勧める動きが、現在広がってきています。