グルコサミンについて

グルコサミンの概要

動物などの骨や骨髄そして貝の殻などに存在しているグルコサミンは黒麹カビなどにも存在している事が判っている。
天然のアミノ酸であり、糖たんぱく質や糖脂質の構成成分の一つで、糖とアミノ酸が合体したアミノ酸の一種で、ヒアルロン酸の原料にもなっている成分です。このグルコサミンは大きく分けて4種類の分類されています。

・発酵グルコサミン
植物を原料に微生物チキンの力によって発酵されてできたもので1876年に初めて採取する事に成功したグルコサミンです。
・グルコサミン塩酸塩
カニの甲羅やエビの殻などに含有されている成分を塩酸を用いて加水分解して採取されたものです。
・グルコサミン硫酸炎
グルコサミン塩酸塩同様にカニの甲羅やエビの殻などに含有されている成分を硫酸を用いて加水分解して採取された物です。
・Nアセチルグルコサミン
ヒトの体内や自然界に存在しており、ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料となっています。

グルコサミンは食事から摂取する事は大変難しい成分であるため、サプリメントなどから摂取する事で補っていきますが、摂取しても効果を得るには少々時間のかかるものであるため、若いうちから摂取する事が望ましいと言われています。

グルコサミンの役わり

グルコサミンがヒトの体に与える役わりは大きく、関節や軟骨などに含まれているグルコサミンが加齢によって徐々にその保有数を減少させると、関節痛を起こしやすくなる事が判っています。
これはすり減ってしまった関節を補修する働きを持っていますが、この軟骨は骨と骨との間にあり、骨が直接ぶつかり合う事が無いようにクッション的役割をしています。これによって骨同士がぶつかることなく、痛みも感じる事がありませんが、クッションの役割を担っているプロテオグリガンの元となるグルコサミンが減少をすると、先に述べた修復機能が低下するために関節痛を起こすといわれており、身体を動かしにくくなってしまいます。
しかし、現在でもまだ未解明な部分も多く、ヒトの病気などとどのような関係や役割もたらしているのか分からない部分もあり、解明が急務だと言われています。

グルコサミンがもたらすこと
血小板の凝集効果があり、冷え性やむくみの症状緩和、ヒアルロン酸の原料となるため高い保水力効果をもたらすほか、美肌効果がある事が判っています。
関節に存在している事から、骨の衝撃を緩和させるクッションの機能を持っており、関節痛の症状改善も担っています。