プラセンタで肌がパッと明るくなった

歳をとるたびに・・・肌のくすみが気になって、朝からテンション下がってました。
娘はもう高校生になりましたが、肌の色が明るくて透明感もあって「若いな〜!」って日々思ってます。
当たり前なんですけど、二人で鏡の前で並んでみると、肌のくすみひとつない娘の肌に嫉妬してしまうほどです。

そんな加齢肌を少しでも明るくしたいと思い、以前からビタミンCで対策していましたが、プラセンタに変えてみました。
ここで、プラセンタで実感した肌の変化をお話しします。

朝からパッとしない顔色・・・

朝、洗顔をするときに鏡に映る自分の顔を見るのが嫌になりました。
朝から肌のくすみでパッとしない顔を見ると、余計にテンションが下がるからです。

そんな朝を迎えるようになったのは、かれこれ3年くらい前からかもしれません。
肌のくすみを見ただけで、年齢を感じるので気分がかなり落ち込んでしまうのです。
高校生になる娘の肌はピチピチで真っ白。
比べるのはおかしいのですが、毎日一緒にいると比べてしまうんですよね。

睡眠不足の朝は、かなり肌のくすみが目立って、クマまでできているので怖くなりました。

くすみにはビタミンCよりプラセンタって本当なの?

肌のくすみやシミにはビタミンCがいいって言いますよね?
昔から有名なので、私もずっとビタミンC誘導体配合の化粧品を使ったり、食事でもビタミンCを多く摂るように心がけていました。

でも、あんまり効果がなかったのかもですね・・・。
結局、肌は年齢とともにくすみ出したし、ビタミンC以外で対策した方がいいのかも?と思っていた矢先に、プラセンタと出会ってしまったのです。

プラセンタを飲んで数ヶ月後に、肌が明るくなったと口コミしている人がネットにたくさんいました。
ちょうど、私と同じくらいの40代前半の人ばかりでした。

ビタミンCよりプラセンタがいいのかも?って良い予感が走ったのでプラセンタを始めてみたのです。

プラセンタで肌が明るくなって感激!

プラセンタを飲んで半年が経ちました。
なんと私の肌は見事に明るくなったのです〜!

疲れているはずの朝でも、肌のくすみを感じずに過ごせています。
以前は、外出前に下地クリームやコンシーラーなどで肌のくすみを隠していましたが、そんな必要もなくなってしまいました。

今は、BBクリームにフェイスパウダーを乗せる程度で出かけられています。

プラセンタの独特な匂いが最初だけ気になりましたが、飲んでいるうちに気にならなくなりました。
こんなに変化があるとは、実はあんまり期待していなかったのですが、ビタミンCで対策していた時よりも肌が明るくなって本当に良かったです。