造血への期待

慢性的な貧血に悩まされている女性の方は多いですよね。女性は月に1回程度訪れる生理によって血液を失ってしまいます。そしてその分だけ、男性より女性のほうが貧血になりやすいと考えられています。

貧血になる理由はおおざっぱに言うと体内の血液が足りなくなるためです。もう少し具体的に考えるならば、貧血の主な原因は「赤血球」が足りなくなることが原因とされています。

赤血球は全身に酸素を運び、細胞や臓器にエネルギーを与えています。そのため、赤血球の数が少なくなると十分なエネルギーを全身に供給できなくなってしまい、その結果立ちくらみやめまいなどの症状が現れるのですね。

貧血予防のために鉄を含むサプリメントを摂取している人もいるかもしれません。鉄分は赤血球を生み出すために必須の栄養素なので、鉄分を補給することで赤血球の数を増やし、貧血を予防できると言われています。これを専門用語で「造血」と言うこともあります。

そして、貧血防止のために必要は鉄分はプラセンタにも多く含まれているのです。さらに、プラセンタには鉄分以外の栄養素も多く含まれており、プラセンタを摂取することでより効率的に赤血球を増やすことができると考えられています。

貧血と赤血球の関係や、赤血球が増えるメカニズム、そしてプラセンタと造血の関係について知っていきましょう。

赤血球が足りなくなると貧血に

貧血は体内の血液が足りなくなることで起こると考えられがちですが、それは少し間違っていて、正しくは赤血球が足りなくなることで起こります。
参考:小林製薬

赤血球には寿命があり、古くなったものは破壊されます。代わりに新しい赤血球が産生され、補充されることで体内の赤血球量は一定に維持されているのです。

ただ、新しい赤血球を作るにはさまざまな栄養素を必要とします。代表的なものは鉄分ですね。それらの栄養素が足りないと十分な赤血球を作ることができなくなり、体内の赤血球の数は徐々に減っていきます。
そして、その状態が長く続くことにより、次第に赤血球の数が足りなくなり、立ちくらみ、めまいといった貧血の症状が出てしまうのですね。

ここまでの解説でわかるように、貧血は血を失わなくても起こりえます。
女性は生理で血を失うため男性より貧血になりやすいとされていますが、貧血の原因はそれだけではなく、赤血球産生のために「必要な栄養素を摂取しない」ことによっても起こるのですね。

ですから、貧血を予防するためには、造血をより盛んにするための栄養をなるべく多く摂取する必要があるということになります。

赤血球が産生されるメカニズムにプラセンタが関与する

赤血球産生に関するプラセンタ

赤血球が増える仕組みについてご存知でしょうか?体の細胞の多くは細胞が2つに分裂することにより増えていきます。
皮膚の細胞であれば同じ皮膚の細胞が分裂することにより、肝臓の細胞なら肝臓の細胞が分裂することにより増えていくのですね。

それなら赤血球も同じメカニズムで増えていくのかな?と思うかもしれませんが、実は赤血球はやや特殊で、「幹細胞」と呼ばれる細胞が分裂し、成長することによって増えていきます。
参考:国立がん研究センター がん情報サービス

幹細胞は赤血球以外にも分裂することができ、他に白血球や血小板といった細胞になることもできます。
数年前にノーベル賞を受賞した「iPS細胞」はこの幹細胞を利用したものです。
参考:京都大学 iPS細胞研究所CiRA

幹細胞は無限に分裂することができると考えられているため、赤血球も無限に増えていくことができます。
動物が生きていくために赤血球はなくてはならないものですから、決して枯渇することがないようにプログラムされているのですね。

しかし、幹細胞が分裂し、そして赤血球として成長していくにはさまざまな栄養素が必要になります。これらの栄養が足りないと赤血球として成熟できず、赤血球不足に陥り、慢性的な貧血になってしまいます。

普段の食事からでもこれらの栄養素は摂取できますが、そういった健康な食事を毎日摂るのは難しいという方もいるでしょう。
そんな方におすすめしたいのがプラセンタサプリメントです。
プラセンタに含まれているある成分が造血のメカニズムに大きく関与していると注目されており、定期的に摂取することで赤血球の増加が期待できるのです。
その成分とは何なのか?以下で詳しく解説していきますね。

プラセンタに含まれる成長因子が造血のカギ

プラセンタは「胎盤」を意味する言葉で、成分を指すものではありません。動物の胎盤は非常に多くの栄養を含んでおり、栄養補給として出産後に自分の胎盤を食べる動物もいるくらいです。

そして、プラセンタには鉄分など赤血球の産生、成長のために必要な栄養素がたっぷり含まれていると考えられています。とくに成長因子と呼ばれる成分は体内の細胞の増殖を助ける作用があると言われ、これにより幹細胞の増殖が活性化し、結果として赤血球の増加、成長に繋がるとされています。
成長因子が含まれている食品はそう多くないので、摂取できるチャンスはあまりありません。プラセンタはその機会を補完してくれる貴重な食品なのです。
ですから、毎日プラセンタサプリメントを摂ることで、体内での造血が盛んになり、貧血を予防できる可能性があるのですね。
プラセンタサプリメントだけで完璧に貧血を予防できるとは言い切れませんが、サポートとして摂取するのは十分有効な手段だと言えます。

まとめ

貧血の症状や起こるタイミングは自分でコントロールできないため、とても辛いものです。人前で倒れてしまい、それがトラウマになってしまった方もいるかもしれません。
しかし、毎日の食生活や生活リズムを正すことで貧血はある程度予防可能です。そして、押しの一手としてプラセンタサプリメントを定期的に摂取することで、より効果的に貧血を予防できるかもしれません。