プラセンタはどこで買えるのか?

プラセンタはいろんな方法で購入することができる

プラセンタブームを受け、日本でも多くのプラセンタ商品が製造・販売されるようになりました。インターネットが普及されたことで、以前より簡単に海外輸入品を手にすることもできます。
プラセンタはいろんな方法で購入することができ、どこで購入するかによって種類や品質、価格などが違ってきます。

医療機関なら人由来のプラセンタが手に入る

日本では、人由来のプラセンタを取り扱っていいのは医療機関のみと定められています。そのため人由来のプラセンタが欲しいと思ったら、取り扱っている医療機関を受診し、医師に処方してもらう必要があります。人由来のプラセンタの内服薬は国内での製造を制限されているため、医療機関が海外から輸入したものを販売しています。他にも、豚由来のプラセンタサプリメントなどを販売している医療機関もあります。
医療機関で販売されているプラセンタは品質が高く、安全性も高い物が多いですが、受診する手間と費用が必要になってしまうのがデメリットとなっています。

店頭なら現物を見て商品を選ぶことができる

昔からある購入方法に、店頭での購入があります。プラセンタは、ドラッグストアなどで取り扱われています。
店頭での購入の一番のメリットは、現物を見て選ぶことができるところ。店員と相談しながら、自分に合ったものを選ぶこともできます。現金やカードで支払え、振込手数料や送料などが発生しないところも魅力です。割引サービスやポイントサービスなどを実施しているお店もあるようです。
お店によっては、プラセンタの品ぞろえが少ないところも。商品を探して歩かなければならないというデメリットもあります。

テレビショッピングは商品の魅力が伝わりやすい

テレビショッピングで、プラセンタが取り扱われることもあります。サプリメントや化粧品など、視聴者の興味を引く商品が多く、思わず欲しいと思ってしまうものが多いです。テレビならではの説明方法で、プラセンタ商品の魅力が分かりやすいのがメリットです。お得なお値段設定になっていることも。電話やインターネットで申し込むと、商品が自宅に届けられます。インターネットがなくても自宅で購入できるため、インターネットを使用しない層から人気を集めています。
申込み期間が限られているため、ゆっくりと落ち着いて購入できないというデメリットがあります。成分や抽出方法などを確認できないことも。

通販会社なら定期購入などのお得なサービスが利用できる

多くの通販会社でプラセンタが販売されています。インターネットや通販会社の出している通販雑誌で商品を選ぶことができます。
通販会社のメリットは、サービスが充実していること。電話やインターネットなどで商品を注文すると、自宅まで配達してもらえます。通常の購入に加えて、同じ商品が定期的に届けられる定期購入というものもあります。プラセンタは毎日継続して摂取するとより効果が期待できるものなので、商品がなくなる頃に自動的に商品を届けてくれるサービスは嬉しいですね。ポイントサービスやおまけがつくなどのサービスを実施している通販会社もあります。通販会社によってはカウンセラーがついていて、電話やインターネットで商品の取り扱い方法を説明してくれたり、健康や美容の相談にのってくれるところも。信頼できる通販会社のものなら、品質など安心して選ぶことができることも多いようです。
デメリットは、現物を見て商品を選ぶことができないところ。商品が届いてみて、自分が思っていたものと違うということもあるようです。通販会社によっては返品に応じてくれるところもありますが、商品を返品する送料は、自己負担となってしまうことが多いようです。

インターネットは商品の種類が豊富で希少。

インターネットで購入するメリットは、なんと言っても商品の種類が豊富なところ。いろんなプラセンタが販売されているので、品質や価格によって、お好みのものを選ぶことができます。日本で製造されたものだけでなく、海外で製造されたものも手軽に購入することができます。

インターネット通販では店頭やドラッグストアでは手に入らない高品質なものを取り扱っていることが多く見受けられます。一般市場では流通するには成分が希少で数が少なく、また高価なため小売り販売では原価が高すぎて店舗販売では不向きとなります。
そのため、契約している製造会社(メーカー)から直接仕入れて独自に販売している事が多いからです。
インターネット通販では市場に出回らない知る人ぞ知る製品を手に入れることができる場でもあります。

メリットとデメリットを比較して購入方法を選ぼう

購入方法によって、メリットとデメリットがあります。いろんな購入方法を比較して、自分に合った方法を選ぶようにしてください。どんな購入方法でもですが、商品を選ぶ時には成分や抽出方法をきちんと確認し、安全性が高い商品を選ぶことが大切です。