IGFについて

IGFとは

IGFとは、Insulin-like growth factorsの略です。日本名で、インスリン様成長因子と言われています。成長因子の一つで、健康と美容に大きく関わっていることで知られています。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンと、配列がとてもよく似ていることからこの名前が付けられました。IGFは二つあり、インスリン様成長因子Ⅰ(IGF-Ⅰ)、インスリン様成長因子Ⅱ(IGFⅡ)と分けられています。IGFⅡは胎児の時の成長を、JGFⅠは出生後の成長に関わる言われています。
IGFは主に肝臓から分泌され、いろんな細胞に作用することで知られていますが、皮膚、筋肉、骨、神経系、肝臓、腎臓には作用が大きいと言われています。現在でもIGFについて研究が続けられ、医療関係、美容関係に多く活用されています。

IGFの働き

IGFには、細胞の再生をサポートする働きがあります。皮膚の生まれ変わりを促すことも。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美肌に影響する成分を、増やす働きがあるとも言われています。インスリンのような働きもあり、脂肪の分解を促進する作用もあると言われています。

IGFに期待できること

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす働きがあることから、肌のハリやつやをアップアップし、きめが細かくなることが期待できます。シワやたるみを和らげてくることから、見た目年齢が下がり、若々しい印象になることも。これらのことから、美肌やアンチエイジングを期待する化粧品やサプリメントなどにも活用されています。脂肪の分解を促進する働きもあるため、メタボリックを改善したり、ダイエットをする助けになってくれることも。細胞が再生されることから、体の中から健康になることも期待できます。