海洋性プロテインについて

魚から抽出されたタンパク質

タンパク質には、ウシやブタなどの動物性タンパク質、大豆などの植物性タンパク質がありますが、海洋性プロテインとは、魚から抽出されたタンパク質のことです。海洋性プロテインは、美肌と若さを保つコラーゲンをサポートすることが期待されています。

タンパク質の不足分を補う海洋性プロテイン

ヒトの体は、筋肉、骨、血液、内臓、皮膚など、あらゆるものがタンパク質によってできています。タンパク質が不足すると、免疫力が弱まったり、疲労回復が遅れたり、体調を崩しやすくなったりします。タンパク質の一日の推奨摂取量は、体重1キログラム当たり1グラムとされています。また、スポーツをする人は、より多くのタンパク質が必要となります。しかし、食事だけで推奨摂取量を満たすことは難しいため、海洋性プロテインを摂取することで不足分が補えます。

太りにくい体質をサポート

筋肉トレーニングを行った後は、損傷した筋肉を修復するため、タンパク質が必要です。トレーニングをした後、30分以内に海洋性プロテインを摂取すると、筋肉のアップが期待できます。トレーニングとプロテインによって筋肉がつくと、基礎代謝が上がります。筋肉を1キログラムつけることで、何もしなくても1日で50キロカロリー消費されるといわれています。基礎代謝が上がることで、太りにくい体質になるため、ダイエットにも期待できます。

コラーゲンの原料となるタンパク質

コラーゲンは、表皮の内側にある真皮の約70%を占めています。ハリのある肌のためには、真皮が健康である必要があり、そのためにはコラーゲンが必要となります。コラーゲンはタンパク質を原料としており、海洋性プロテインを摂取することで、コラーゲンの生成が促され、ハリのある肌を保つことが期待できます。また、海洋性プロテインと一緒にビタミンCを摂取すると、コラーゲンの生成がさらに促されます。
タンパク質は食事でとることもできますが、肉や魚には脂質や糖質なども含まれています。海洋性プロテインはカロリーが低く、脂質や糖質は含んでいないため、体をスリムに保ったまま、肌に必要なタンパク質を摂取することができます。また、肌は夜眠っている間に作られますので、美肌目的で摂取する場合は、眠る前に海洋性プロテインを摂取することがおすすめです。ただ、摂取し過ぎると、脂肪になって肝臓に蓄積されてしまうので、摂り過ぎには気をつけましょう。