活性ペプチドについて

生体のバランスを保つことが期待されている活性ペプチド

ペプチドとは、アミノ酸が数個つながった成分で、タンパク質を分解して作られます。タンパク質は体内で吸収されるまでに時間がかかりますが、ペプチドは分解されているため、効率よく体内に吸収されます。活性ペプチドは生体のバランスを保つことが期待されています。

活性ペプチドに期待されること

活性ペプチドは、タンパク質から分解されて作られるため、筋肉の損傷を修復し、筋肉量を増やすことが期待されています。また、脂質の代謝を促し、筋肉へのエネルギー供給を満たすことで、疲労回復を促すことも期待されています。ある実験によると、活性ペプチドを投与したマウスに運動負荷による疲労を起こさせると、疲労の回復率が向上すると考えられています。
これまでの研究によると、活性ペプチドは、抗酸化作用があることが期待されており、骨粗しょう症や細胞の損傷を予防することが期待されています。
動脈硬化症は、活性酸素による酸化ストレスが要因の一つであると考えられていますが、活性ペプチドを継続的に摂取することで、酸化ストレスを軽減し、生活習慣病を予防することが期待されています。
また、活性ペプチドには、高血圧を予防したり、免疫機能を向上させたりすることも期待されています。

活性ペプチドの美容への期待

活性ペプチドは、美肌作りをサポートすることも期待されています。活性ペプチドは、肌細胞の生産を活性化したり、肌細胞の若々しさを取り戻したりすることも期待できると考えられています。シワやたるみなど肌の老化を防ぎ、衰えた肌を生まれ変わらせることが期待されています。活性ペプチドは、美容への期待が高まっており、美容医療に使用されることもあります。

活性ペプチドとプロテインの違い

タンパク質のサプリメントとしては、プロテインがありますが、プロテインと活性ペプチドとの違いは、プロテインはアミノ酸が50~100個以上連結した状態のものであり、活性ペプチドは、アミノ酸が2~50個未満で連結した状態のものということです。つまり、アミノ酸の連結数によって、活性ペプチドとプロテインが区分けされています。プロテインはアミノ酸がたくさん連結されているため、分子のサイズが大きく、吸収されるまでに時間がかかりますが、活性ペプチドは、アミノ酸の連結が少ないため、効率よく体内に吸収されます。これが活性ペプチドとプロテインの大きな違いになります。