プラセンタ、呼吸促進、呼吸、自律神経、アレルギー鼻炎

普段からわたしたちが無意識に行っている呼吸。動物が生きていくために必須な行動ですが、実はそれ以外にもとても重要な意味、効果があることはご存知ですか?
また、そもそもどうして動物は呼吸が必要なのでしょうか?あまりに自然に行っている行動なので、深く考えたことがない方も多いかもしれませんね。
この記事ではまず呼吸の大切さについて解説したうえで、正しい呼吸がもたらすさまざまな効果についてもご紹介していきますよ。

呼吸はどうして必要なの?

そりゃ、息ができないと死んじゃうからでしょ、という声が聞こえてきそうですね。では、どうして息ができないと動物は死んでしまうのでしょうか?この質問に対してすんなり答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか?
答えとしては、動物のあらゆる生命活動には酸素が必須だからです。
参考:NHK高校講座(https://www.nhk.or.jp
心臓を動かすのにも、脳がさまざまな命令を出すのにも酸素が必要です。酸素が供給されないと全身の臓器、細胞は正しい機能を発揮できなくなり、生命活動を維持できなくなってしまうのです。

ただ、厳密には酸素それ自体が心臓や脳を動かしているわけではありません。これらを動かすためのエネルギーを体内で生み出す過程で酸素が必要になるのです。

息を吸い込むことによって肺に空気が入り、そこから赤血球を介して酸素が全身に運搬され、各細胞に酸素が届けられます。そして、酸素を運搬した赤血球は細胞から不要な二酸化炭素を受け取り、肺に戻り、運搬してきた二酸化炭素を息を吐くことにより放出する。これが呼吸の全体的な流れであり、わたしたちの体の中で起こっている変化です。

細胞に効率よく酸素が届けられれば細胞は機能を十分に発揮できるようになり、全身に好影響を与えます。逆に、最低限の酸素しか届かなければ機能を満足に発揮できなくなり、悪影響が出てしまうでしょう。

このように、普段なにげなく行っている呼吸はわたしたちの生活の質に大きな影響を与えているのです。

呼吸が良くなるとどんな効果があるの?

大自然 写真

参考:Daiwa Pharmacoutikal Co.,Ltd

正しい呼吸ができるようになると、想像もしていなかった効果が現れるようになります。たとえば、ストレスの改善がそうですね。
呼吸とストレスなんてなにも関係がないように思えますが、実は密接な関係があります。人はストレスを感じると呼吸が浅く、早くなります。これは交感神経と呼ばれる神経が興奮している場合に起こり、強い緊張状態に置かれている状態と同様です。
これでは感じるストレスがさらに大きくなってしまい、ますます精神的に辛い状態になってしまいます。
こんなときに深く、ゆっくりした呼吸を行うと、交感神経と対になっている副交感神経が働くようになります。
副交感神経は精神を落ち着かせる効果があるので、これによりストレスから解放され、安定した精神状態に移行できます。
ヨガを行うとすっきりとした気分になるのはこれが一つの理由です。

また、交感神経の興奮は血管を収縮させるので、慢性的な高血圧を引き起こし、体に悪影響を与えてしまいます。
対して、副交感神経は血管を弛緩させる働きがあるので、血圧の低下に加え、冷え症の改善などにも効果があるとされています。

このように呼吸一つとっても、全身にさまざまな影響を与えるのです。
といっても、日頃から呼吸を意識するのは難しいでしょう。無意識に行っていることなので、ついついないがしろにしてしまいがちです。
そこでオススメしたいのがプラセンタです。プラセンタには呼吸のリズムを整える効果があるとされており、摂取することで自然と深い呼吸ができるようになると考えられています。
プラセンタがもたらす呼吸促進作用について、もう少し詳しく見ていきましょう

プラセンタの呼吸促進作用とは?

プラセンタにはさまざまな効果があるとされています。そしてその中の一つである、自律神経の調整が呼吸を整えるために有用であると考えられています。
自律神経とは、先述した交感神経と副交感神経のことです。プラセンタは交感神経の働きを弱め、副交感神経の働きを強くする効果があると考えられているため、その結果、深くゆっくりとした呼吸が普段からできるようになります。

また、プラセンタの抗アレルギー効果もアレルギー鼻炎患者の呼吸促進に一定の効果があるとされています。アレルギー鼻炎の症状をある程度抑えることができると考えられているため、正しい呼吸リズムへの障害を取り除くことができるのですね。
サプリメントタイプのプラセンタなら毎日簡単に摂取できますし、費用もそこまでかかりませんからオススメですよ。

まとめ

普段の呼吸を整えることによって日々のストレスを軽減できるならとてもありがたいですよね。
呼吸は生命活動の源ですから、それを改善することで好影響が出るのはある意味当たり前のことなんです。
ただ、呼吸という行動はあまりにも当たり前すぎて、その大切さをないがしろにされているように感じます。
毎日10分程度、正しい呼吸を行うだけでも確実に効果があるとされていますから、ぜひ実践してみてくださいね。