抗アレルギーについて

「抗アレルギー」という言葉はよく使われますね。抗アレルギーの力というのは、アレルゲンの影響を受けている細胞から伝達物質が出されるのを防ぐものです。抗アレルギー薬なんていうのはよくありますが、抗アレルギーの力はプラセンタにも秘められています。

アレルギーはなぜ起こる

そもそも人間の体には免疫力というものがあります。体内にウイルスが入ってくると免疫細胞はそれを撃退して体を守ります。これが「免疫力」です。一度撃退したウイルスが再びやってきたときに直ちに撃退できるようにする仕組みが「抗体」です。しかし、稀に害のあるウイルスではないのに免疫力が過剰に反応してしまって身体にマイナスの影響を与えてしまうことがあります。これがアレルギーです。アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、気管支喘息などアレルギーにはさまざまな種類があります。このアレルギーを起こさないようにするのが抗アレルギーです。

プラセンタの抗アレルギーの力

美容や健康に良いとされているプラセンタにも抗アレルギーの力があるとされています。プラセンタには成長因子がたくさん含まれているので細胞増殖の力があります。プラセンタの成長因子は異常な免疫細胞を排除するとされています。プラセンタの抗アレルギーの力は特に、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、気管支喘息に良いとされています。そしてプラセンタは今まで重大な副作用が報告されたことはないという安心な点もあります。しかし、あまりにも強いアレルギー症状のある人はプラセンタの抗アレルギーの力に拒否反応が出てしまう場合もあるようです。抗アレルギーの力を持つ薬やサプリメントでアレルギー症状を抑えていきたい場合は、個人の体質にあったものを注意して選んでいく必要があります。