メラニン色素について

メラニン色素は肌を紫外線の攻撃から守っている

メラニン色素はメラノサイトという皮膚の基底層にある細胞でつくられます。皮膚が紫外線にさらされるとその刺激を受けてメラノサイト(色素細胞)でつくられたメラニンが、皮膚の表皮細胞でバリアーとなって、遺伝子のDNAを傷つけたり、皮膚がんの原因となる紫外線の攻撃から肌を守ります。

メラニンの産生と働き

メラニンはチロシンというアミノ酸を材料として、皮膚の表皮の一番下の基底層というところにあるメラノサイト(色素細胞)で主につくられます。チロシンというのは茹でたタケノコについているあの白いものです。もちろんチロシンは他のあらゆる食べ物にも含まれています。
紫外線にはUV-AとUV-Bなどがありますが、太陽の光に由来するUV-Bが皮膚に当たると、表皮の最下層にあるメラノサイトがメラニンを産生して、さらにUV-Aがメラニンを酸化させて褐色に変化させます。ちなみに日焼けサロンで照射されるのは主にUV-Aです。
紫外線は、皮膚のコラーゲン線維などにダメージを与え弾力性を弱めたり、細胞の核にあるDNAを損傷して皮膚がんなどを引き起こす原因となります。このためメラニン色素が皮膚の表面に沈着して、紫外線がそれ以上皮膚の深部に侵入していかないようにバリアーとして働いているのです。赤道直下のアフリカの人たちの肌が黒いのは、強烈な紫外線にさらされる環境に順応する形で遺伝的に淘汰されてきたためと考えられています。

メラニン色素を増やさない対策

皮膚を紫外線から守ってくれるメラニン色素ですが、沈着しすぎても困るという方は以下のようなことを心掛けましょう。

  1. 帽子やUVカット製品をうまく利用して、紫外線対策を万全にする。目から入った紫外線でも日焼けが起こるので、サングラスは目を保護するだけでなく日焼け防止にも有効です。
  2. ビタミンCや抗酸化物質の多い果物などを積極的に摂り、必要によりサプリメントで補う。
  3. 十分な睡眠や適切なスキンケアなどにより、肌のターンオーバーを正常化させる。