NGFについて

NGFとは

NGFとは、nerve growth factorの略です。日本名で、神経成長因子と呼ばれています。成長因子の一つで、118個のアミノ酸できたポリペプチドというタンパク質です。末梢神経にあり、交感神経細胞を成長、分化、維持に大きく関わっています。
アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士によって発見されました。スタンリー・コーエン博士は、NGFとEGF(上皮細胞成長因子)の発見を評価され、1986年にノーベル生理学、医学賞を受けています。NGFは医療分野で多く活用され、アルツハイマー病などの神経障害の治療などにも使われるようです。

NGFの働き

NGFには、傷ついた神経細胞を修復する力があり、再生を助けてくれます。神経細胞の機能が正常になるように促し、それを保つ働きがあるようです。βリンパ球を増やして分化させる働きもあり、コリン動作性神経ニューロンの成長を促してくれる働きも。
皮膚の神経にも働きかけ、傷ついた皮膚の神経細胞を修復してくれることから、美肌を促す働きも期待されます。

NGFに期待できること

脳の神経細胞の成長を促し増殖させることから、認知症などの脳疾患の治療に役立つことが期待されます。コリン動作性神経ニューロンの成長を促してくれることから、アルツハイマー症の治療にも効果があるのではないかと期待されています。脳の老化を防ぐことができる因子として注目を集めています。
交感神経細胞の増殖と成長を促してくれることから、自律神経を整え、ホルモンバラスを整えてくれる働きをも期待できます。
皮膚の神経細胞にも作用することから、皮膚を正常に保つことも期待できます。
NGFは、医療分野、美容分野で、治療薬、健康食品、化粧品、サプリメントなどとして多く取り扱われています。