豚プラセンタについて

豚プラセンタとは

豚プラセンタは、豚の胎盤のことです。豚は、1年に2回、1回で10頭前後の赤ちゃんを出産します。1頭につき1個の胎盤がとれるため、豚プラセンタは簡単に量産することができます。そのため、市販のプラセンタの中で、豚プラセンタが一番多く取り扱われています。豚プラセンタは、化粧品、ドリンクなど、美容と健康をサポートする製品として広く活用されています。

豚プラセンタに期待できること

豚プラセンタには、成長因子、アミノ酸、タンパク質などが含まれています。そのため、美容や健康にいい影響を与えることが期待できます。
豚プラセンタを定期的にとることで、お肌のハリとツヤがアップして、シワが薄くなることも。アンチエイジング系の化粧品などにも多く使用されています。
女性ホルモンにも影響を与えることがあるため、更年期障害の辛さを和らげてくれることもあるようです。

豚プラセンタは品質の違いが大きい

豚プラセンタの品質を決めるのは、豚の胎盤。いい胎盤にするには、良い環境と食事が必要になります。一般的な豚は、ワクチンや薬剤を投与される機会が多いため、胎盤もその影響を受けてしまいます。ワクチンや薬剤などによる不純物を取り除くことはできるのですが、その作業によって豚プラセンタの有効な成分が軽減してしまうことも。
より品質の高い豚プラセンタを望む場合には、「SPF豚」のプラセンタを選ぶのがおすすめです。SPF豚は、日本SPF豚協会によって厳しく品質管理をされているため、ワクチンや薬剤の影響を受けることがなく、品質の高い豚プラセンタを手に入れることができます。品質の高い豚プラセンタだと、安全性も高くなります。