プラセンタと美肌の関係について

プラセンタによる美肌効果

美容に良いといわれるプラセンタですが、実際どのようなしくみで能力を発揮するのでしょうか?それは、プラセンタの持つ様々な作用が段階的かつ複合的に機能することによって生まれます。プラセンタに含まれる成長因子により細胞が活性化され、血行も促進されて、新陳代謝が上がり、お肌のターンオーバーが促されます。結果として、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎ、お肌の表面からメラニンが排出されて、美しい肌へと結びつきます。
プラセンタサプリメントを飲み始めてから実感するまでの期間には個人差がありますが、美肌目的なら半年、美容目的なら1年が最低でも継続していただきたい期間の目安となります。アンチエイジング目的の場合にはさらに長く続ける必要があります。
プラセンタは比較的美の変化を実感しやすいため、悩みの多いシミやシワの解消、ハリ・弾力や保湿が目的であれば、続けやすいサプリメントを選んで継続的に摂取することがおすすめです。

プラセンタの有効成分:シミ、肝斑、くすみ

プラセンタエキスは厚生労働省により認可された有効成分でもあり、薬用美白化粧品に配合されています。合成された美白成分とは異なり、健康要素だけけでなく、皮膚を正常化する能力もありますので、その人が本来持っているお肌の色に近づけるという働きがあります。

プラセンタのお肌への美容健康は3つの働きで成り立っています。

  1. メラニン色素の産生に関与する酵素チロシナーゼの働きを抑制することでメラニン色素の発生を防ぎます。これには活性酸素除去作用や抗炎症作用も関わってきます。
  2. 活性酸素除去作用によってメラニン色素により皮膚が黒くなることを防ぎます
  3. 新陳代謝促進作用、ホルモンバランス調整作用によってお肌のターンオーバーを活発にし、メラニン色素の排泄を促進することで、シミやくすみとなってお肌に定着することを防ぎます。

プラセンタ美肌

プラセンタの細胞活性化作用・保湿作用:シワ、たるみ、毛穴

プラセンタに含まれる成長因子の中には、真皮層に存在する線維芽細胞や角化細胞を活性化させる働きを持つ線維芽細胞増殖因子(FGF)があり、FGFやその他の栄養素はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといったお肌のハリを維持する成分の生成を促進します。コラーゲンなどが増加することにより、シワの減少、お肌のハリアップなどの効果が期待できます。

同時に、コラーゲンを分解する酵素の産生もプラセンタにより抑制されることが判明しています。これらの作用により、真皮にハリと弾力を与え、シワやたるみの改善・解消につながることが期待されます。

プラセンタはまた、お肌のうるおいを維持するのに不可欠なNMF (天然保湿因子)の主成分であるアミノ酸を豊富に含んでおり、NMFの生成を促進して保湿力を高めるともいわれています。
コラーゲン生成の促進、新陳代謝、保湿作用によってキメが細かくなり、たるみによる毛穴の開きを縮小させる期待があるとされています。

プラセンタの抗炎症作用:ニキビ、日焼け、肝斑

プラセンタの抗炎症作用、女性ホルモンのバランス調整作用、新陳代謝促進作用は、日焼けの影響で炎症を起こしたお肌を鎮静化したり、女性ホルモンや摩擦・紫外線などの刺激に影響される肝斑の症状を緩和したり、赤ニキビによる炎症を抑えたりすることにも役立ちます。
もちろん、紫外線による日焼けや乾燥は全ての肌ダメージの原因となりますので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

プラセンタの血行促進作用:クマ、くすみ、目元のシワ

プラセンタの血行促進作用により、栄養や酸素がお肌へスムーズに届けられて安定した状態をつくり出し、老廃物の排出も滞らせないため、肌トラブルの予防につながると考えられています。
また、クマやくすみ、目元の小ジワの原因のひとつは血行不良と考えられており、血流が改善されることによって、これらの症状の改善効果も期待できます。

プラセンタアンチエイジング

プラセンタの新陳代謝促進作用:アンチエイジング、美白など

プラセンタに含まれる成長因子が新陳代謝を促進させ、お肌の正常なターンオーバーを促すことで、常に新しい細胞がお肌の表面に存在することになります。ターンオーバーが正常に行われていれば、過剰なメラニン色素を排出することが可能ですので、美白効果にもつながります。

プラセンタの活性酸素除去作用:アンチエイジング、シミ、シワなど

プラセンタに含まれるビタミンC、ビタミンE、ミネラル、ペプチドには抗酸化作用があり、シミやシワの大元となってお肌を老化させる活性酸素を除去するため、アンチエイジング効果が期待できます。活性酸素は紫外線などの外部刺激だけでなく呼吸により吸収した酸素からも産生され、お肌のハリを維持するコラーゲンなどを破壊したり、メラニン色素を増加させたりして様々な老化現象を引き起こします。
さらにプラセンタには、お肌表面の細胞を破壊して老化を進行させる過酸化脂質を減少させるビタミンBも含まれているため、エイジングケアに効果的と考えられているのです。

参考文献:
プラセンタ療法と統合医療 吉田健太郎・著(たま出版)
体にやさしい実践プラセンタ療法 吉田健太郎+各科医師16人(東洋医学舎)
胎盤力 プラセンタ・パワー 吉田健太郎・著(H&I)
プラセンタ医療の現場から 景山司・著(現代書林)
【医師監修】プラセンタの効果(1)美白 | スキンケア大学: http://sp.skincare-univ.com/article/004129/
【医師監修】プラセンタの効果(2)美容 | スキンケア大学: http://sp.skincare-univ.com/article/004130/
プラセンタサプリが美肌にいい理由|シミやたるみに効く仕組みとは | プラセンタどれがいい?「見てミル」: http://placenta.sapple.info/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8C%E7%BE%8E%E8%82%8C%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1%EF%BD%9C%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%84%E3%81%9F%E3%82%8B/
プラセンタが効く理由|プラセンタのエビデンス、臨床試験結果 | プラセンタどれがいい?「見てミル」: http://placenta.sapple.info/%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%8c%e5%8a%b9%e3%81%8f%e7%90%86%e7%94%b1%ef%bd%9c%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%93%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9/