コラーゲンについて

コラーゲンといえば、美容に関することを想像するとは思いますが具体的に説明するとなるとどんなものなのか分からないという人もいるのではないでしょうか。コラーゲンは人間の体に誰もが持っているもので、さまざまな部位に存在しています。

コラーゲンとは

コラーゲンといえば美肌に良いと言われてている成分です。コラーゲンは皮膚や骨、内臓や血管に存在している成分です。特に皮膚に多く存在していて全体の約40%を占めています。骨や軟骨には約20%、残りのコラーゲンは内臓や血管に存在しています。コラーゲンはタンパク質の一種で弾力性のある成分です。細胞同士を結ぶ働きを持っていると言われていて、人間の体内にあるタンパク質のうち約30%を占めているとされています。コラーゲンは人間の体になくてはならない成分であると言えます。コラーゲンは人間の体の中以外にも動物や魚にも含まれているので食べ物から摂取していくこともできます。鶏やレバー、フカヒレやすっぽんなどにもコラーゲンがたっぷり含まれていて美容に良いという話はよく耳にする話です。

コラーゲンの役割

体内のコラーゲンは年齢を重ねるごとに減少していきます。20歳前後がピークのコラーゲン量となります。コラーゲンは肌に弾力や張りをあたえたり、骨を強くしたり、関節の動きをスムーズにするなどの役割があります。コラーゲンはバネのような役割があるのです。体内からコラーゲンが減少していくと、肌のシワやたるみが目立つようになったり、関節痛が起きたりするようになっていきます。丈夫な骨や血管を作っていくためにもコラーゲンは必要になります。その他には、傷付いた組織を修復する役割があったり、血圧や血糖値を調整していく役割もあります。