プラセンタの含有量で選ぶ

最近、プラセンタが体や美容に良いってよく聞くから、私もプラセンタサプリメントを初めてみようかな・・・と思っている方、少し待ってください。
確かにプラセンタには女性にとって嬉しい変化がたくさん期待できますが、正しいサプリメントを選ばないと大きな失敗につながることもあるのです。

サプリメント選びでとくに気をつけたいのはプラセンタの含有量です。実は、サプリメントによって含有量は大きく違い、中にはほとんどプラセンタが含まれていないものも販売されています。

プラセンタサプリメントなのにプラセンタが含まれていないのでは本末転倒ですよね。また、メーカー側が上手く表記をごまかして、少しでもプラセンタが多く含まれているようにみせかけている場合もあります。
こういった製品を選んでしまわないように、しっかり選び方のポイントを知ってからサプリメント選びをすることが大切です。

この記事では正しいプラセンタサプリメントの選び方のコツについて解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

プラセンタが少しでも含まれていればプラセンタサプリメント?

先ほど、プラセンタがほとんど含まれていないサプリメントが販売されているとお話しましたね。
どうしてそんなものが「プラセンタサプリメント」として販売されているか不思議に思いませんか?

実は、現在の制度ではプラセンタが少しでも含まれていれば「プラセンタサプリメント」として認められ、販売ができるのです。
ですから、極端な話をすればプラセンタが1mgでも含まれていればそれはプラセンタサプリメントなのです。

しかし、プラセンタによる変化を実感するには、やはりある程度のプラセンタを摂取する必要があります。
1mgでも肌状態の変化や手先が温かくなるなどの変化を得られるかもしれませんが、確率としてはほぼ0%に近いでしょう。
プラセンタがたくさん含まれたサプリメントを選び、毎日続けることが大切なのです。

正しいプラセンタサプリメントの選び方とは?

プラセンタサプリ選び方

プラセンタサプリメントを選ぶ際には、必ずそのサプリメントに含まれているプラセンタの量をチェックしましょう。
しかし、ここでもう一つ注意すべきポイントがあります。それはプラセンタ含有量の表記方法です。

ややこしいことに表記方法は統一されておらず、「プラセンタエキス〇〇配合」や「プラセンタ原末〇〇入り」など、サプリメントによってさまざまな表記方法が見られます。

どれも同じじゃないの?と思うかもしれませんが、これらにはとても大きな違いがあります。
→たとえば、「エキス」なら主に加工前のプラセンタのことを指します。
→加工前のプラセンタは水分量がとても多く、ほとんどが水分であると言っても過言ではありません。
→そして、加工の過程でほぼ完全に水分を飛ばし、粉末状にします。この残った粉末がプラセンタとして価値のある成分になるのですね。

つまり、エキスがどれだけ使われているかはそれほど問題ではなく、どれだけ粉末としてサプリメントに含まれているかが大切なのです。
エキス表記にすると10,000mg配合といった、プラセンタが大量に使われているイメージを与えることができるので、この表記方法はよく見かけるのですが、実はほとんどあてにならないのですね。

ですから、信頼性の高いサプリメントを選ぶなら、含有量が「原末」で表記されている製品を選ぶようにしましょう。
これらはカプセルに実際含まれている量を指すのでごまかすことはできません。

他にもよくわからない表記のサプリメントを見かけると思いますが、基本的には「原末」で表記されている製品を選べば間違いありません。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 260円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。体の内側から美容と健康に導いてくれます!

どれくらいプラセンタが含まれていればいいの?

次に、どれくらいプラセンタが含まれているサプリメントがオススメなのか、ということですが、一般的に含有量が多いほど製品としての質は高いです。

あまりにプラセンタを過剰摂取しすぎると体に悪影響があるかもしれませんが、そこまでの量を摂取するのはサプリメントレベルではありえませんし、今までにそういった健康被害も報告されていません。

ですから、なるべく多くプラセンタが含まれているサプリメントを選ぶことをオススメします。
ただ、含有量が増えれば増えるほど、価格も上がっていく傾向にありますから、含有量と価格を天秤にかけて、コストパフォーマンスに優れているサプリメントを選べるとよりグッドですね。

具体的には含有量は300mg前後で、価格が月1万円を切るあたりのサプリメントがオススメです。
これだけプラセンタが含まれていれば十分嬉しい変化が期待できますし、価格もそこまでお財布事情を圧迫しないためです。
状況に合わせて自分にピッタリのプラセンタサプリメントを選ぶようにしましょうね。

まとめ

サプリメント選びはとても重要です。ここで失敗してしまうと、どれだけ飲み続けても変化が現れない可能性があるためです。
さまざまな表記方法がありますが、それらにだまされずに質の高いプラセンタサプリメントを選ぶようにしましょう。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 132円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。
2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。
体の内側から美容と健康に導いてくれます!