プラセンタの歴史について

プラセンタの歴史は紀元前から

近年ではプラセンタが注目され、医療を始めとし、健康食品、サプリメント、化粧品などに多く取り扱われるようになりました。このことから、プラセンタを比較的新しいものだと思っている方も多いようです。
けれどプラセンタの歴史はずっと古く、なんと紀元前までさかのぼります。

紀元前400年頃に存在したと言われる、古代ギリシアの医師・ヒポクラテスが、プラセンタを治療に使っていたという説があります。ヒポクラテスは、「医学の父」「疫学の祖」とも呼ばれる医師です。プラセンタの有効性について気づいていたことからも、ヒポクラテスの偉大さが伺えますね。

世界の美女たちがプラセンタを使用

プラセンタは昔から、医療だけでなく、美容やアンチエイジング目的でも注目されていました。
エジプトの女王・クレオパトラや、フランスの王妃・マリー・アントワネットも、自分の美しさに磨きをかけ、美しさを維持するために、プラセンタを使用していたと言われています。歴史に残る美女たちは、プラセンタのパワーについて気が付いていたのかもしれませんね。

中国唐代の皇妃・楊貴妃も、漢方としてプラセンタを使用していたと言います。その漢方は、現在でも中国で取り扱われ、多くの人々に使用されています。その漢方を使用すると、「傾国の美女」と言われた楊貴妃の美しさにあやかれるかもしれません。

日本では江戸時代からプラセンタが使われていた

日本では、江戸時代からプラセンタを使用していたと言われています。火で炙って乾燥した胎盤を、秘薬に配合していたとか。
江戸時代に加賀の秘薬と呼ばれていた「混元丹」には、プラセンタが配合されていたそうです。混元丹には滋養強壮の力があるとして、加賀藩兵士の大切な栄養源となっていたようです。江戸時代と配合は違いますが、現在でも混元丹は販売されているようです。

1930年代にプラセンタ治療が本格化

プラセンタが本格的に医療に取り入れられるようになったのは、1930年代。旧ソ連の行った、組織療法(プラセンタ埋没療法)という治療です。
組織療法は、冷凍した人の胎盤を滅菌処理してから、皮下に埋め込むというもの。胎盤を皮下に埋め込むと聞くと、少し怖いと思うかもしれませんね。けれどこの療法で、体の機能を活性化させたり、新陳代謝を促進したりという結果を得ることができたようです。
これを受け、プラセンタ治療が進められていくことになります。現在日本でも、プラセンタの注射剤を使用した組織療法が行われています。

近代日本でもプラセンタ治療がスタート

日本にもソ連の行った組織療法が伝わり、日本でもプラセンタの開発・研究がスタートしました。そして1956年に誕生したのが、メルスモン製薬会社の製造した「メルスモン(特定生物由来製品)」です。
メルスモンは人の胎盤を酸で加水分解し、滅菌処理をした注射剤です。
組織療法製剤とも呼ばれています。この注射を患者の皮下に注射することで、更年期障害の症状を和らげたり、乳汁が思うように出ない妊婦の乳汁分泌を助ける働きをしてくれます。

肝臓の疾患治療にもプラセンタが活用されるようになり、1959年には肝硬変を治療する「ラエンネック(特定由来製品)」が、株式会社ラエンネックによって製造されました。ラエンネックは、肝臓の機能を改善する働きがあり、肝臓の慢性疾患の治療にも多く用いられています。
日本で製造されている人の胎盤由来の製剤で、現在取り扱われているのは、メルスモン注射剤と、ラエンテック注射剤だけになっています。以前は内服薬も販売されていたようですが、感染・衛生の観点から日本での製造を中止したようです。
現在日本では、広くプラセンタ治療が行われています。婦人科疾患、肝臓疾患を始めとして、美容医療分野でも目覚ましい発展を続けています。美容医療では、プラセンタを用いて、より美しく若々しい外見となるために治療をすることも。美容効果、アンチエイジング効果にも期待がもたれています。

プラセンタは医療以外でも人気を集めている

プラセンタは医療に使用されるだけでなく、健康食品、サプリメント、化粧品などにも幅広く取り入れられています。人の胎盤は医薬品以外の使用を認められていないため、これらには豚、馬の胎盤が多く使われています。(牛の胎盤は、狂牛病の感染リスクがあるため使用しなくなりました〉
プラセンタの製品が多く販売され、店頭やネットで手軽に購入できるようになりました。プラセンタには、体の新陳代謝を高めて健康をサポートしてくれることが期待できます。

お肌のツヤとハリをアップさせ、見た目年齢を下げて若々しく見せてくれる美容のサポートも期待できます。これらの働きが、プラセンタの人気の秘訣となっています。
現在も、プラセンタの研究・開発が続けられています。それによってプラセンタがさらに進化し、私たちの健康と美容をよりサポートしてくれる日が来るかもしれませんね。