馬プラセンタと豚プラセンタを比較

プラセンタサプリメントにはさまざまな種類があります。価格はもちろん、入っているプラセンタの量や成分も違いますし、製造方法も異なります。
そして、一番目を引くのが馬プラセンタと豚プラセンタの違いではないでしょうか?
注射タイプのプラセンタには人の胎盤が使われていますが、サプリメントタイプでは馬、もしくは豚の胎盤を使うのが主流です。

馬でも豚でもそんなに変わらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、実は大きな違いがあるのです。
プラセンタサプリメントを選ぶ際に迷わないように、馬プラセンタと豚プラセンタの違いについて知っておきましょう。

馬プラセンタのほうが質が良いと考えられている

馬プラセンタと豚プラセンタ、使われているのは同じ「胎盤」です。胎盤とはお腹の中の赤ちゃんを育てるためにとても大切な器官で、だからこそさまざまな栄養が含まれています。

プラセンタサプリメントの価格を注意深く見てみるとわかりますが、基本的に馬プラセンタが使われているサプリメントのほうが価格は高いです。
これは一般的に馬プラセンタのほうが質が良く、希少性が高いと考えられているためなのです。
では、その差を生んでいる具体的な違いは何なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

馬のほうが飼育環境が良い

馬プラセンタ
馬、豚ともに家畜として飼育されていますが、その飼育環境には大きな違いがあります。
馬はデリケートな動物で、一頭あたりの値段も高いため、設備が整った環境で飼育されていることが多く、衛生面にも気を配られています。

対して、豚は集団飼育されることも多く、一頭単位にそこまで気をかけて飼育することはあまりありません。
この飼育環境の差によって、採取されるプラセンタにも違いが生まれると考えられているのですね。

ただ、最近は「SPF豚」といって無菌状態で飼育されている豚がメジャーになりつつあり、飼育環境による差はそこまでなくなってきていると言われています。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 260円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。体の内側から美容と健康に導いてくれます!

馬プラセンタは有用な成分がより多く含まれていると考えられている

同じプラセンタでも、馬プラセンタのほうが有用な成分が多くの含まれていると言われています。
とくに美容効果が高いと考えられている各種アミノ酸は馬プラセンタのほうが圧倒的に多いとされているので、強い効果を期待するなら馬プラセンタのほうがよりオススメだと言えるでしょう。

また、同じ馬プラセンタが使われているサプリメントであっても、含まれている成分は大きく異なることがあります。
ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌状態を改善すると言われている成分がより多く含まれているサプリメントを選ぶことで、さらに嬉しい効果を期待できるようになるでしょう。

安全性も馬プラセンタのほうが高いと言われている

プラセンタは動物由来のものですから、どうしても感染症のリスクがあります。もちろん、さまざまな殺菌方法を駆使してサプリメントにしているので、実際のリスクはほとんどありません。今までにプラセンタサプリメントが原因の感染症が発生していないこともそれを証明しています。

ただ、馬プラセンタのほうが安全性は高いと考えられているのは事実です。
というのも、馬は基礎体温が豚よりも高く、寄生虫に感染することがあまりないためです。
さらに、上述した飼育環境の差もこの主張をより強いものにしています。

しかし、SPF豚であれば感染症に感染しているリスクはほぼなくなるので、安全面では馬とほぼ変わらないと考えてもよいでしょう。

馬プラセンタのほうが希少性が高い

馬プラセンタサプリメントの価格を高くしている要因の一つに、馬プラセンタの希少性があげられます。
豚は年に10頭近くの子どもを産むため、それだけ採取できる量も多くなります。対して、馬は1年に1頭程度しか子どもを産まないので、採取できる量が少ないのですね。

これにより、馬プラセンタは貴重なものとされ、その分、価格が高くなってしまうのです。

馬プラセンタの中でもサラブレッド産のものはさらに貴重

飼育されている馬には、大きく分けて食肉用の馬と競走馬がいます。競走馬のほうはサラブレッドとも言われ、とくに素晴らしい飼育環境で大切に育てられ、衛生面にも非常に気を配られています。
そのため、サラブレッドから採取されるプラセンタは最高級と言われ、価格もより高くなります。同じ馬プラセンタでも違いがあるのですね。

ですから、最高のプラセンタサプリメントを選ぶなら、サラブレッド産のプラセンタがふんだんに使われているサプリメントがオススメです。

まとめ

馬プラセンタと豚プラセンタのどちらがオススメかと聞かれれば、基本的には馬プラセンタのほうがサプリメントとして優秀だと言えるでしょう。
価格はやや高めですが、それだけの価値はありますし、見返りも大きいです。中途半端なサプリメントを選んだせいで、ほとんど変化が見られないと悲しいですよね?
価格、質ともに納得できるサプリメントを選ぶことが、長くプラセンタを続けていくコツなのです。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 132円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。
2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。
体の内側から美容と健康に導いてくれます!