プラセンタ注射への期待

プラセンタには大きく分けて2つの摂取方法があります。経口によるものと注射によるものですね。

経口によるものはサプリメントタイプのプラセンタが多いです。自宅や外出先で好きなタイミングで飲むことができ、費用もそこまでかからないことからとても続けやすいとされています。

対して、注射タイプでは一回ごとに病院に行く必要があります。また、美容目的での注射は保険適用外となり、やや費用が高くなってしまうのがネックです。
ただ、効き目の強さとしては注射タイプのほうがやや強く、効果が現れ始めるのも注射のほうが早い傾向にあります。

このように注射タイプとサプリメントタイプ、それぞれに一長一短があります。さらに詳しく見ていきましょう。

注射タイプのプラセンタは厚生労働省に認可されている

注射タイプのプラセンタは厚生労働省に認可されていて、医療用としても用いられています。
現在、病院で使われているプラセンタは「メルスモン」と「ラエンネック」というもので、両方とも人の胎盤を元に製造されたものです。
もちろん、健康な人、かつ正常分娩での胎盤を使用しており、製造前には厳密なチェックや滅菌作業も行っているので安全性は十分です。
参考:メルスモン製薬株式会社(https://melsmon.co.jp

本来は医療用としての用途で使われるものですが、最近では美容用として使われることも多くなっており、美肌効果や老化防止効果に期待して注射を希望する人も増えてきていますね。

注射タイプのプラセンタのメリット・デメリットは?

注射タイプのプラセンタは、サプリメントタイプのものに比べて効き目が強いことが多く、数回の注射で効果が現れることもあります。
また、厚生労働省が認可している製品のため、安全性や信頼性が高いことも大きなメリットですね。
美容目的、特に肌状態の改善のために注射を行うときは、ターゲット部位に直接注射することもできます。
範囲を絞って注射するため、より早く効果が現れることを期待できますし、体への負担も少なく済みます。
これらが注射タイプのプラセンタのメリットだと言えるでしょう。

対してデメリットとしては、注射のためにわざわざ病院に行かなければならないことが挙げられます。
もちろん、毎日注射する必要はなく、1~2週間に1回程度で十分なのですが、それでも面倒に感じる人は多いでしょう。
飲み薬とは違い、病院で処方してもらうことはできないので、定期的に病院に通う必要があります。

また、美容目的での注射の場合は保険適用外となり、費用は全額負担となります。そのため、1回の注射ごとに数千円かかってしまい、金銭的に大きな負担となってしまいますね。
さらに場合によっては軽い副作用が出てしまうこともあります。注射前には必ず医師と相談することが重要です。

サプリメントタイプのプラセンタは手軽さが人気

プラセンタサプリメント

注射タイプのプラセンタでは定期的に病院に通う必要がありますが、サプリメントタイプならその必要はありません。
さらに医薬品ではないので、そもそも病院に行く必要すらありません。たとえば、民間で販売されている製品の定期購入を申し込んでおけば、毎月自動的に配達されてきます。

では、サプリメントタイプのプラセンタにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょう?

サプリメントタイプのプラセンタのメリット・デメリットは?

最も大きなメリットは病院に通う必要がなく、いつでも好きなタイミングで摂取できることでしょう。
持ち運びも楽ですし、水さえあれば外出先でもカンタンに摂取できます。
また、定期便などに申し込んでおけば、手元に常にプラセンタサプリメントをキープできますね。
プラセンタの効果を実感するには何よりも継続することが大切なのですが、ついうっかり切らしてしまうと、それをきっかけにそのままやめてしまいがちです。
毎日飲むことをしっかり習慣化できれば、飽きることなく長く続けられるでしょう。

逆にデメリットとしては、プラセンタサプリメントは国に認可されたものではない、ということが挙げられます。
そのため、医薬品としての扱いではなく、健康食品としての扱いとなっています。
原材料の胎盤も人から採取したものではなく、馬や豚のものを使った製品がほどんどです。

認可されたものではない、ということで安全性や効果に不安を持つ人も多いかもしれません。
しかし、信頼できる業者が製造、販売しているプラセンタサプリメントは、厳密な安全性試験を通過したものですから安全性に問題はありません。

また、大手企業である「日本ハム」が豚から採取したプラセンタエキスで実験を行い、一定の効果があることを実証しています。
参考:日本ハム中央研究所(http://www.rdc.nipponham.co.jp

ですから、人から取れたプラセンタでなくても、十分な効果を期待できるのです。

これからプラセンタを始めてみようと考えている人は、まず手軽なサプリメントタイプからスタートしてもいいかもしれませんね。

まとめ

注射タイプとサプリメントタイプのプラセンタにはそれぞれメリット・デメリットがあります。
自分の状況や性格を考えて、より自分に合っていると感じた方法を選択するとよいでしょう。