プラセンタの種類について

プラセンタにはいろんな種類があり特徴が違う

美容と健康のサポートとして役立ってくれる、プラセンタ。購入することのできるプラセンタの種類には、人由来のプラセンタ、豚由来のプラセンタ、馬由来のプラセンタ、羊由来のプラセンタがあります。これらの動物由来のプラセンタとは違いがありますが、植物由来のプラセンタもあります。
以前取り扱われていた牛由来のプラセンタは、狂牛病の発生を受け、日本での製造・販売が中止となって購入できなくなりました。
プラセンタには種類ごとに特徴があり、それぞれメリットとデメリットがあります。取扱い方法や価格にも違いがあります。

人間の胎盤からできているヒトプラセンタ

ヒトプラセンタは、医薬品でのみ使用が認められています。ヒトプラセンタを使用したいと思ったら、医師に処方してもらうしかありません。ヒトプラセンタの注射剤を皮下注射して使用するのが一般的です。美容目的はもちろん、更年期障害や、肝臓疾患の治療に使用することもあるようです。
ヒトプラセンタの注射剤は厳重な管理と滅菌処置が行われているため、プラセンタの中で最も安全性が高いと言われています。クリニックによってはヒトプラセンタの内服薬を処方してもらえるところもあります。ですが、日本でヒトプラセンタの内服薬の製造は制限されているため、海外から輸入したものを取り扱っています。ヒトプラセンタは効果が期待できる分、価格も高くなってしまいます。

豚の胎盤からできている豚プラセンタ

現在日本で最も取り扱われているのが、豚プラセンタです。豚は繁殖しやすく、1年で20前後の胎盤をとることができるため、大量生産しやすいというメリットがあります。大量生産されることで、商品の価格を抑えることもできます。
一般的な豚はワクチン接種や薬剤投与をする機会があるため、不純物が混じりやすいといるデメリットがあります。不純物は製造過程で取り除くのですが、その時にプラセンタの有効成分まで損なってしまう恐れがあります。
豚プラセンタの安全性と有効成分含有量を増やした豚プラセンタに、SPF豚プラセンタがあります。SPF豚プラセンタは、日本SPF豚協会が定めた農場で、厳しく管理して飼育されます。そのため、ワクチン接種や薬剤投与などの機会が減り、不純物が混じることが少なくてすみます。一般的な豚プラセンタより、価格が高くなります。

馬の胎盤からできている馬プラセンタ

豚プラセンタに次いで多く取り扱われているのが、馬プラセンタです。馬プラセンタは、アミノ酸含有量が多く、他のプラセンタに比べて約300倍もあると言われています。豚プラセンタにはない、必須アミノ酸が6種類含まれているのもメリットの一つです。
馬は体が丈夫で体温が高いので、寄生虫や病気に感染しにくく、ワクチン接種や薬剤投与の機会が少なくてすみます。そのため胎盤が影響を受けることが少なくてすみ、不純物の量も減ることに。不純物が減れば除去作業も減るため、プラセンタの有効成分が損なわれるのを防ぐことができます。このため、馬プラセンタにはプラセンタの有効成分が多く含まれていると言われています。
馬は1年に1つしか胎盤がとれないため、大量生産をすることができず、価格が高くなってしまうというデメリットがあります。
さらに上のランクの馬プラセンタに、サラブレットプラセンタがあります。サラブレットプラセンタは、馬の中で最も優秀だと言われているサラブレットから作られるプラセンタです。サラブレットプラセンタは、馬プラセンタよりもアミノ酸やプラセンタの有効成分含有量が多いと言われています。一般的な馬プラセンタより、価格が高くなります。

羊の胎盤からできている羊プラセンタ

羊プラセンタは、日本での製造が制限されているため、日本ではあまり普及されていません。狂牛病が発生した時に、牛プラセンタと似ている羊プラセンタも一緒に制限されたようです。でも海外では、豚プラセンタや馬プラセンタのように人気を集め、普及されています。日本でも、海外から輸入した羊プラセンタを購入することができますが、豚プラセンタよりも価格は高くなります。取り扱われているものは、ニュージーランド産、スイス産のものが多いようです。
羊は体が丈夫で、ワクチン接種や薬剤投与をする機会が少なくてすむため、不純物が混じることも少なくてすみます。羊プラセンタはヒトプラセンタと似ているため、体に吸収されやすいというメリットがあります。

植物由来の植物性プラセンタ

植物の胎座と呼ばれる部分からとられる成分が、動物性プラセンタと似ている部分があるため、植物性プラセンタと呼ばれています。植物性プラセンタがとれる植物には、トウモロコシ、アロエ、クロレラなどがあります。
植物性プラセンタには、動物性プラセンタの特徴である成長因子がないため、プラセンタとは区別して考えられることも多いです。
植物性プラセンタのメリットは、動物性プラセンタに比べて安全性が高いところ。化粧品などに多く取り扱われています。