プラセンタと更年期ついて

更年期の原因

更年期とは、閉経の前後10年ほどの期間をいいます。日本人の場合、平均の閉経年齢が50歳ですので、およそ45〜55歳が更年期とよばれる時期にあたります。症状の出方に違いはあれど、遅かれ早かれ女性なら誰もが更年期を迎えることになります。

最近では30代の女性にも更年期のような症状が認められ、若年性更年期障がいという言葉があるほどです。生活習慣やストレスによる女性ホルモンのバランスの乱れが、いかに女性にとって大きな影響を及ぼすのかがよくわかりますね。
 
更年期には、閉経が近付き加齢に伴って卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌が急激に減少することによって様々な症状をが引き起こされます。

女性ホルモン(卵胞ホルモン=エストロゲン、黄体ホルモン=プロゲステロン)の分泌には、脳がエストロゲンの分泌を感知して女性ホルモンの分泌を刺激するホルモンを出すように卵巣へ指令を送るシステムが機能していることが大切です。エストロゲンの分泌低下により、このシステムのバランスが崩れてしまうわけです。
このホルモンバランスの乱れは脳の視床下部にも影響を与え、自律神経の調節機能までもが乱れてしまい、結果として心身に様々な症状が現れることになります。

更年期の症状

更年期症状の出現時期や重さには個人差があります。ほとんど自覚症状のないまま過ぎる方もいらっしゃれば、日常生活や仕事に支障をきたすほど症状が重い方もいらっしゃいます。
日々の生活が正常に送れないほど更年期の症状が大きい場合には更年期障がいとよばれます。
初期には、月経異常、のぼせやホットフラッシュ(突然の身体のほてり、顔や首からの大量の発汗)、血圧の変動や手足の冷えなどの自律神経失調症、頭痛・不眠などの睡眠障害・イライラ感・不安感・記憶力や集中力の低下、疲労感や倦怠感、抑うつ、食欲の低下、お腹の張りといった精神神経症状が認められます。
不定愁訴とよばれる精神的な不調がみられやすいことも更年期症状の特徴のひとつです。

更年期の中期から後期にかけては、筋肉や骨の衰えによる肩こりや腰痛、関節痛、子宮脱、膣や膀胱の衰えによる尿漏れ、頻尿、細菌性膣炎が起こりやすくなります。エストロゲン分泌低下はお肌にも影響し、シミやシワが増え、透明感が低下してくすみが目立つようになってきます。
他にも高血圧や高血糖、高脂血症、肥満といった生活習慣病のリスクも高くなります。
症状の重さに個人差があるように、出現の時期や症状の継続期間も人によって違いがあります。短い方で数ヶ月、長いと更年期の間ずっと続いてしまうこともあります。一般的には3年ほどが平均的な期間とされています。症状が治まれば終わりというわけではなく、また再発する可能性もあるので注意が必要です。

広く使われる従来の更年期症状の改善法

①ホルモン補充療法

エストロゲンの分泌低下により起こる症状ですので、減ってしまったものを補うという方法です。基本的にはエストロゲンとプロゲステロンを併用し、個人の体質に合わせて内服、注射、貼り薬から選択して使用します。広く行われている治療法ですが、ホルモンへの感受性に個人差があるため効果が一定でないことが多く、補充する女性ホルモンの量を微調整する必要があります。
また副作用が大きな問題となっており、乳がん発生のリスクを高めるともいわれています。
元々子宮体がんや乳がんのある方、子宮筋腫や子宮内膜症、乳腺症、血栓症、高血圧のある方や心臓・肝臓・腎臓の機能低下や疾患がある方は使用を控えるべきとされており、使用方法や適応に制限がある治療法でもあります。

②薬剤による対症療法

自律神経失調の症状や不定愁訴を軽減する目的で、精神安定剤や抗うつ薬、睡眠薬などが治療に使用されることもあります。ひとつの症状に対しては効果的かもしれませんが、根本的な改善とはいえず、薬剤による副作用が起こる可能性も否定できません。

プラセンタによる更年期症状の改善

 プラセンタに含まれる成長因子やアミノ酸・ペプチド・抗酸化物質などの栄養素の作用により、更年期症状の改善が期待できます。

大きく2つの作用により、プラセンタは更年期症状の緩和に能力を発揮すると考えられています。

  • 女性ホルモンのバランスを安定させる作用
  • 自律神経のバランスを調整し、精神状態を安定させる作用

プラセンタを摂取することで、更年期症状を引き起こす原因である女性ホルモンの分泌を自然な形で促進することができます。女性ホルモンの分泌が増えれば乱れたホルモンバランスが整えられ、その結果、崩れていた自律神経のバランスも整えられることによって、更年期症状の緩和が期待できるというわけです。

プラセンタには、不調な部分に働きかけて正常化を促す作用がある他、抗ストレス作用もあるため、うつ状態などを緩和して、精神状態を落ち着かせることも不可能ではありません。
また、プラセンタには細胞を活性化させたり、血行を促進させたりする作用もあるため、機能の衰えた臓器や細胞を修復することも可能で、血行不良による手足の冷えや頭痛、肩こり、腰痛などにも効果的といわれています。
体内にプラセンタを取り入れる方法は大きく分けて2つ、プラセンタ注射もしくはプラセンタサプリメントやドリンクなどの摂取になります。

プラセンタサプリ更年期

更年期にプラセンタサプリメントを摂取するメリット

プラセンタ注射はヒト由来の胎盤を使用しており、更年期症状に対して約 70%の方が効果を実感するといわれ、即効性のある効率的な方法です。しかし、病院に通わないと受けることができず、少なくとも1回2000円ほど(保険適応があれば自己負担額はもっと安くなります)の注射を週1〜2回、数ヶ月にわたって続ける必要があります。毎回針を刺されることやその後献血ができなくなることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。プラセンタ注射は効果的な治療法ですが、経済的、体力的な面で長期にわたる継続が難しいというデメリットがあります。
一方、サプリメントによるプラセンタ摂取では、注射のデメリットをカバーすることができます。サプリメントは豚や馬など動物由来のプラセンタを原料としていますが、高品質のものであれば注射と同程度の効果が期待できます。通院の手間もかからず、通販などで手軽に入手でき、コストの面でも注射より安く抑えられるため、継続的な摂取が可能です。針の痛みや献血できないといった制限もないため、注射よりも気軽に始められる点も魅力ですね。
更年期症状に対してのプラセンタの有効性は医療の分野でも認められているものですから、思い当たる症状があれば、まずはプラセンタサプリメントから試してみることをおすすめします。

更年期症状を緩和する自然療法

 これまで行われてきた更年期障がいに対する治療法が見直されつつあり、プラセンタによる更年期症状の緩和が注目されています。同時に薬剤に頼る治療法ではなく、食事療法や漢方薬の使用が推奨されています。納豆や豆乳、豆腐に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることから大豆製品を多く摂取することは更年期症状の軽減に効果的といわれています。また、ホルモンバランスを正常に保つために、ビタミンやミネラル、酵素を含む野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。
 食事療法では補いきれない部分も多いため、やはりプラセンタサプリメントの摂取は欠かせないポイントになります。プラセンタには副作用がなく、新陳代謝の促進作用によるアンチエイジング効果が期待できることから、更年期症状にお悩みの方だけでなく、若年性更年期(プレ更年期)の方、さらに若年層できたるべき更年期に備えておきたい方にもおすすめです。注射では継続しにくいプラセンタも、サプリメントによる摂取であれば継続しやすいですし、プラセンタは継続することでより高い効果を発揮すると考えられます。身体の内側から健康をサポートし、美容面にも働きかけてくれるプラセンタサプリメントは幅広い女性にとって力強い味方となってくれるでしょう。

参考文献:
株式会社日本生物製剤社内資料
プラセンタ療法と統合医療 吉田健太郎・著(たま出版)
体にやさしい実践プラセンタ療法 吉田健太郎+各科医師16人(東洋医学舎)
プラセンタ医療の現場から 景山司・著(現代書林)
【医師監修】プラセンタの効果(7)更年期障害 | スキンケア大学: http://sp.skincare-univ.com/article/004135/
悩める更年期障害を和らげてくれるプラセンタ効果はどう?: http://xn--200-dl4bua6l4e9cs427azm3c.com/kounenkisyougai.html
更年期のホットフラッシュはプラセンタで改善できる? | プラセンタ美のプラセンタ効果比較口コミ: http://pla-placenta.net/kokosiri/hotflash/