サプリメントについて

近所のスーパーやドラッグストア、インターネット上のショップでも購入することができるサプリメント。サプリメントは体に良いものという大体のイメージがありますが、同じく体に良い医薬品とは何が違うのでしょうか。

サプリメントとは

最近では健康志向の人が増えてきているのでサプリメントを飲んでいるという人は多いものです。サプリメントを飲んでいる人は体調を整えたかったり、不足した栄養素を摂取したかったりなど目的は人それぞれです。サプリメントは錠剤タイプのものが多いですが粉末状などのものもあります。錠剤タイプのサプリメントの見た目は薬にも見えますが、サプリメントは医薬品ではなくて「食品」に分類されるものです。サプリメントの正式名称は「ダイエタリー・サプリメント」というもので、不足した栄養素を補うという意味合いがあります。サプリメントとは、普段の食事で不足しがちな栄養素を補うためのものなのです。

サプリメントと間違われるもの

サプリメントと似たようなものは薬以外にもあります。例えば「ビタミン剤」というものです。ビタミン剤とサプリメントは似たようなものに思われがちですが、ビタミン剤は薬の一種です。薬というのは薬事法に基ずく厚生労働省の検査を通過したもののことをいいます。薬の場合は効能や効果を表現することができます。薬は薬局か医師からの処方箋でないと購入することができません。サプリメントは最近ではコンビニでも販売しているので手軽に入手することができます。サプリメントの他に、健康食品、特定保健用食品、健康補助食品などもあります。これは何が違うのかといえば、厚生労働省の認可を受けていて安全性が認められているかということです。サプリメントはそれぞれ含まれている成分に違いがあるのでしっかりと確認をすることが大切です。