プラセンタのドリンクとサプリを比較

プラセンタの摂取方法としてはプラセンタ注射とプラセンタサプリメントがメジャーですが、それ以外にもドリンクタイプのものも販売されています。
プラセンタ注射は病院でしか受けられないため、最初から選択肢に入らない方も多いでしょう。となると、サプリメントタイプかドリンクタイプのどちらかで摂取するか?ということになりますね。

どちらも同じように思えますが、実は大きな違いがあります。それは価格であったり、続けやすさであったり、期待できる効果の程度であったりと、さまざまです。
それらの違いを知り、自分にはどちらのタイプが向いているかを判断することで、より効率的にプラセンタを摂取できるはずです。
さっそくこの2つの違いを見ていきましょう。

期待できる事は同じ?

結論から先にお伝えすると、サプリメントタイプでもドリンクタイプでも期待できる内容は同じです。
含まれているのは同じプラセンタなのですから、それにより期待されることが同じなのは当然ですね。

ただ、変化が見られるタイミングには大きな違いがあると言われています。
一般的にドリンクタイプのほうが即効性は高いとされ、人によっては翌日に変化を実感できる場合もあるようです。
これの根拠として、ドリンクタイプは液体なので吸収が早く、素早く全身にプラセンタの成分が回るためとされています。
対して、サプリメントタイプは粉末状なので吸収に時間がかかるため、変化が見られるまでには数ヵ月継続する必要があります。
同じプラセンタでも、これだけ違いがあるのは面白いですね。

しかし、ドリンクタイプはサプリメントタイプより持続性が劣るため、変化を実感できるのは一時的だと言われています。そのため、ここぞのタイミングで飲むのがドリンクタイプを最大限に活かすコツだと言えそうです。

続けやすいのはどっち?

プラセンタドリンク
どちらも自宅でもどこでも手軽に飲めるため、続けやすさは同じに感じるかもしれません。
しかし、実際に試してみるとわかりますが、続けやすさはサプリメントタイプのほうが圧倒的に上です。
ドリンクタイプは少量だとは言え、ある程度の量は飲まなければなりません。
その少量が辛く感じる場合もあるでしょうし、どうしても飲む気になれない日もあるでしょう。
また、飲みやすいように味が調整されているとは言え、やはり苦手に感じる方はいます。美味しくないものを毎日飲み続けるのはなかなかの苦痛です。
他にも、「ビン」ゴミがかさばるというデメリットもあります。

サプリメントタイプなら非常に飲みやすくなっています
→口にあわない味も気になりません
→少量の水さえあればサッと飲めるので、続けることが全く苦になりません
→そして、ゴミがかさばらないのも地味に嬉しいですね

これら一つひとつの要因は大したことありませんが、毎日続けるとなるとかなりの違いを感じるはずです。
プラセンタは継続することがなによりも大切なので、続けにくく感じるポイントをできるだけ排除することはとても重要なのです。

コストパフォーマンスもサプリメントが上の場合が多い

プラセンタは毎日続けるものですから、コストパフォーマンスは非常に重要です。
どれだけ優れた製品でも、1日あたり1,000円以上かかると経済的な面で大変ですよね。

購入する製品にもよりますが、基本的にサプリメントタイプのものを定期購入したほうが安上がりになるケースが多いです。
プラセンタドリンクの平均価格は1本300円から400円ほどですから、1ヵ月毎日飲み続けると1万円前後かかってしまいます。
サプリメントなら定期購入を利用すれば1ヵ月あたり7,000円程度のコストで続けられます。1ヵ月あたりでは3,000円の差ですが、これが年間になると3万6,000円の差になります。この差は大きいですね。
ですから、毎日続けるならサプリメントタイプのほうがより経済的だと言えます。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 260円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。体の内側から美容と健康に導いてくれます!

両方使い分ける選択肢もアリ

ここまで解説してきたとおり、サプリメントタイプとドリンクタイプにはそれぞれ一長一短があります。
しかし、必ずどちらか一方に絞る必要はなく、上手く使い分けることでプラセンタの恩恵を最大限に受けられます。

たとえば、普段飲むのはサプリメントタイプにして、より摂取したいときはドリンクタイプのプラセンタを飲むとよいでしょう。
これならお財布にやさしいですし、ドリンクタイプの即効性を十分に活かすことができます。

それぞれのメリット、デメリットを正しく知って、上手く使い分けていきたいですね。

まとめ

サプリメントタイプとドリンクタイプ、それぞれの特徴を理解すればもっと賢くプラセンタを使うことができます。
もちろん、サプリメントタイプだけ、ドリンクタイプだけを毎日続けても問題はありません。最初は両方試してみる、というのも一つの選択肢ですね。
自分に合っている飲み方を見つけて、毎日楽しくプラセンタを続けていきましょう。楽しく続けることで、確実に効果が期待できるようになりますよ。

ブルーミンプラセンタ300

種類 サラブレッド
プラセンタ 300mg
1日あたり 132円
定期価格 7,800円(税抜)

商品紹介

化粧品・健康食品通販で有名なホコニコから登場したのがホコニコのブルーミンプラセンタ300です。
2粒でプラセンタが300mg配合されており、純度も100%で品質の高いサプリメントとなっています。豊かな大自然の中で育ったニュージーランド産の馬プラセンタを使用。素材や原料にこだわって作られているので安心感が違います。
体の内側から美容と健康に導いてくれます!