植物プラセンタについて

植物プラセンタとは

植物プラセンタは、動物プラセンタに似た効果のある成分のことです。本来プラセンタは胎盤のことを指しているため、胎盤をもたない植物にプラセンタはありませんが、動物プラセンタに似た効果のある成分がとれることから、植物プラセンタと呼ばれています。

植物プラセンタは、発芽する部分である「胎座」というところから取ることができます。
植物プラセンタによく使用される植物には、アロエ、クロレラ、トウモロコシ、ライ麦などがあります。植物プラセンタを作る時には、複数の植物からエキスを抽出し、混ぜて使用するのが一般的です。

植物プラセンタの魅力と期待できること

植物プラセンタの一番の魅力は、安全性が高いところ。動物プラセンタのように、ワクチンや薬剤の影響もありません。天然由来の成分として使用できるので、免疫反応や副作用の心配も少なくてすみます。豚や馬などよりも育てるのが簡単なことから、比較的リーズナブルな価格で手に入れることができるのも魅力の一つとなっています。
植物性プラセンタには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。そのため、美肌へのサポートが期待できます。美白を目的とした化粧品にも、多く使用されています。

動物プラセンタとの違い

一番大きな違いは、植物プラセンタには成長因子がないこと。そのため、新陳代謝のアップや、細胞活性化の促進などは期待できません。動物プラセンタが美容・健康サポートに多く利用されるのに比べ、植物プラセンタが化粧品に多く使用されるのはこのためです。動物プラセンタと植物プラセンタは基本的に違うものだと理解し、上手に取り入れることが大切です。