サプリメント注射について(プラセンタ注射)

美容や健康の事となると耳にすることのあるプラセンタ注射。プラセンタを注射するものというのは何となくわかりますか、プラセンタ注射というものがどんなものなのかというのは分からなかったりもします。

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射はサプリメントではなくて厚生労働省で認可されている医薬品です。病院でのみ注射を受けることができます。認可されているプラセンタ注射は「メルスモン」と「ラエンネック」の二つです。プラセンタ注射は慢性肝疾患の治療や更年期障害の治療のために使う際は保険が適応されるようになっています。メルスモンは主に「更年期障害」のために、ラエンネックは主に「肝疾患」のために使用されます。しかし、プラセンタ注射は病院での治療のみで使用するものではありません。保険適用外で美容目的として使われることもあります。医療用プラセンタ注射のプラセンタの原料は日本国内で正常分娩で出産された人の胎盤だけを使って作られているものです。

プラセンタ注射を美容で活用すると

プラセンタ注射はシミやシワ、ニキビなどに良いとされていて女性の間では美容目的での活用で人気があります。プラセンタ注射は、基礎代謝や傷の回復を良くするのではないかとされています。なので美容目的ではシミの治療で用いられることもあります。プラセンタ注射は血流を良くしたり炎症を抑えたりすることもあると言われていて、肩こりをラクに落ち着かせていく期待もできます。疲れを感じる原因にプラセンタ注射は積極的に働きかけていくようです。プラセンタ注射は一回打っただけでは変化は起きません。打つ回数は人によっても目的によっても異なりますが、1ヶ月に1回から2回もこともあれば、1週間に1回から2回打つ事もあります。