プロゲステロンについて

プロゲステロンとは

プロゲステロンは、女性ホルモンの一つです。黄体ホルモンとも呼ばれています。プロゲステロンは、排卵・月経周期に大きく関係し、妊娠・出産するのに不可欠なホルモンとなっています。
プロゲステロンの分泌をコントロールしている脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されると、それに下垂体が反応し、黄体化ホルモンが分泌されます。それを受けた卵巣が、プロゲステロンを分泌します。
プロゲステロンの分泌量は、月経周期によって左右されます。プロゲステロンは排卵後に最も多く分泌され、生理になると急激に減少します。妊娠・出産によっても分泌量が左右されます。
プロゲステロンは初潮が始まるころに増え始め、20代30代でピークを迎えると、閉経後に急激に減っていきます。

プロゲステロンの働き

エストロゲンの働きで厚くなっている子宮内膜をやわらかくして、受精卵が着床しやすくするという働きがあります。着床した場合、それを維持するため、水分と栄養素をいつもより多く体に溜めこむという働きもあります。母乳を出すのに必要な、乳腺を発達させる働きもあります。
皮脂腺の分泌をアップしたり、体脂肪を減らすのを助ける働きもあります。食欲を増やすことも。
プロゲステロンが多く分泌されると、基礎体温が上がります。

プロゲステロンに期待できること

プロゲステロンには、妊娠しやすい身体をつくり、妊娠の維持をサポートしてくれることが期待できます。
プロゲステロンはホルモンバランスをサポートしてくれる大切なものですが、ニキビができたり、肌が荒れたり、食欲が増えたりなど美容にマイナスな面もあるので、上手に付き合っていくことが大切です。