Q:プラセンタ注射とサプリはどう違いますか?

A
プラセンタサプリと注射の大きな違いは、使われているプラセンタの種類です。

プラセンタ注射は、医療機関で更年期障害の症状緩和や、慢性肝炎の治療目的で使われます。プラセンタの種類は、ヒトプラセンタです。血液に直接成分を注入する形ですから、早く・しっかりとした効き目があると言われています。美容目的で自費摂取をする女性も増えていますが、リスクがあることは理解しておく必要があります。

一方、プラセンタサプリメントはあくまで健康食品。用いられているのは、馬・豚・羊・植物由来のプラセンタです。医療機関等にかかる必要なく、気軽に購入でき、価格も安価です。注射に比べると即効性はありませんが、気軽に継続でき、肌のハリや潤いに良い変化が期待できます。

「肌を美しく保つためにプラセンタが飲みたい」「手軽にプラセンタの効果を試したい」という方は、まずサプリメントから始めることをオススメします。

プラセンタ注射のメリット・デメリット

プラセンタ注射のメリット・デメリットを考えてみましょう。
プラセンタ注射は、日本生物製剤のラエンネック・メルスモン製薬のメルスモンという2種類が存在します。いずれも、ヒト由来のプラセンタを原料にしています。ラエンネックは肝機能障害の治療、メルスモンは更年期障害等の治療に用いられています。厚生労働省にも認められた成分なのです。

病気の治療の場合は、保険の適用のもとでプラセンタ注射が行われます。また、美容クリニック等で自費にて注射を受けることもできます。

<プラセンタ注射のメリット>

  • 直接成分が届くので、即効性がある
  • 効き目が強いと言われている

<プラセンタ注射のデメリット>

  • 病院に行く手間が必要
  • 輸血ができなくなる
  • 価格が高い

プラセンタサプリメントのメリット・デメリット

プラセンタサプリメントは、馬・豚・羊・植物由来のプラセンタを使ったものです。あくまで「健康食品」ですから、副作用/飲み合わせなどの心配なく摂取することができます。また、プラセンタだけでなく、コラーゲンやビタミンなど複数の美容成分をブレンドしている商品も多く、プラセンタとの相乗効果が見込めるという特徴もあります。処方箋も不要ですし、通販等で手軽に購入できるので、幅広い年代の女性に愛されている美容法のひとつです。

<プラセンタサプリのメリット>

  • 手軽に始められる
  • 注射に比べて安く続けられる
  • 飲み続けている限り効果が続く
  • 「健康食品」なので安心して飲める

<プラセンタサプリのデメリット>

  • 効果が出るまでには一定の時間がかかる
  • サプリメントとしては高い
  • メーカーが多いので、選ぶのが大変
  • 商品によっては効果に疑問があるものもある

病気の治療の場合は、医師の診断のもと適切にプラセンタ注射を受けることが必要かもしれません。しかし、美容目的の場合は、サプリメントでも同じような効き目を得られると言われています。美容目的でプラセンタの導入を考えられている方は、まずサプリメントから試すのが良いと思われます。手頃な値段ですから、毎日継続することでうるおい・ハリに満ちた肌を手に入れられることでしょう。