Q:プラセンタを飲みすぎると下痢になりませんか?

A
プラセンタサプリメントは薬ではないので、副作用の心配をすることはありません。
ただ、体質によっては、やや下痢気味・軟便気味になることもあります。

下痢になるというのは、プラセンタがしっかり体に作用しているという証拠でもあるので、心配しなくても大丈夫です。摂取を続けると、体が慣れて下痢の症状が治まることが多いとされていますが、気になる場合は摂取量・頻度を抑えるといいかもしれません。

プラセンタの摂取で下痢になる理由

「プラセンタを飲むと、下痢になってしまう」と言うのはあまり珍しいことではありません。というのも、プラセンタの働きの1つに「副交感神経を活発にする(自律神経のバランスを整える)」というものがあると言われているからです。

便が出るのは、大腸の蠕動運動が行われるからなのですが、これは自律神経の働きにより調整されています。自律神経には交感神経(身体が活発な時に働く)と、副交感神経(身体がリラックスしている時に働く)のバランスで成り立っていて、蠕動運動は副交感神経が働いている時に行われます。

プラセンタには、自律神経のバランスを整える働きが期待できます。通常、自律神経が乱れているのは、副交感神経が弱くなっているときが多いそうです。よって、プラセンタを摂取すると弱まっている副交感神経が活性化し、蠕動運動がしっかり行われるというわけです。

だから、「プラセンタを摂取すると、便秘が良くなった」と感じる人もいます。しかし、蠕動運動が過剰になりすぎると、下痢や軟便という症状が現れてしまうんですね。つまり、下痢=プラセンタの副作用というより、プラセンタがしっかり働いている証拠として捉えることもできます。

プラセンタを飲んで下痢になってしまったら

プラセンタが体内で働いていると言っても、下痢でトイレに行くのは辛いです。

基本的には、プラセンタサプリメントを飲み続けることで身体が慣れ、自然にトイレの悩みから開放されることがほとんどです。しかし、気になる場合は「プラセンタの摂取量を減らす」「摂取頻度を少なくする」と、下痢の症状も和らぐかもしれません。

また、プラセンタの種類や商品の特徴にも注目して、商品を変えてしまうというのも一つの方法です。例えば、プラセンタだけでなく美容成分も含まれているものへ変更してみるなど。

体質によっても、プラセンタの与える影響は異なります。心配な方は、お試しセットなどで体調の変化を試してから、本購入・定期購入を行う事を考えてみてください。