Q:どのプラセンタを選んでも同じ効果ですか?

A
プラセンタの種類によって得られる効果自体はあまり変わりませんが、成分の含有量によって効果が出るまでの期間や、効果の実感しやすさに違いが出ると言われています。

プラセンタサプリメントに含まれるプラセンタには、馬由来のもの、豚由来のもの、羊由来のもの、植物由来のものがあります(ヒト由来のプラセンタは、医療の現場でしか用いられません)。

サプリメントを選ぶ際は、安全性や成分の濃厚さ、期待できる変化を考えて、馬プラセンタのサプリメントが良いと思われます。より効き目のあるプラセンタを探しているなら、プラセンタの種類にも着目して選ぶようにしてください。

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

プラセンタサプリメントの多くは、「馬由来」「豚由来」のプラセンタが使われています。日本では「牛や羊などの反芻動物の胎盤をプラセンタにしてはいけない」という決まりがあるため、主に馬と豚の2種類が流通しているのです。

馬プラセンタと豚プラセンタの違いを簡単に見てみましょう。

【馬プラセンタ】

  • 実感しやすい
  • 価格が高い(馬は1年に1度しか出産しないため、胎盤が非常に貴重)
  • 安全性が高い(体温が高く、寄生虫が住み着く危険性が低い。特に、血統がしっかりしているサラブレッドは、飼育体制も厳しく管理されている)
  • 豚に比べて、1.2倍~1.5倍のアミノ酸が含まれていると言われている

【豚プラセンタ】

  • 体感は普通(可もなく不可もなく、、)
  • 安全性に劣る(病気にかかりやすく、ワクチンや薬剤投与の機会が多い。SPF豚など、しっかりと管理された飼育体制が敷かれている場合は、より安全)
  • 価格が安い(年に2回、1度に10頭前後を出産するため、プラセンタエキスが大量に生産される)

安価に大量のプラセンタエキスを抽出している豚由来のプラセンタは、手頃な価格で入手できるのが最大の特徴です。1粒あたりのプラセンタ含有量も多く設定できるので、お得感を感じる人もいるでしょう。ただ、プラセンタに含まれる成長因子の働きや、栄養成分の含有量が馬に比べると劣ってしまいます。

一方、馬からは、良質なプラセンタが抽出できると言われています。アミノ酸含有量も多いですし、豚には含まれていない必須アミノ酸も含まれているようです。出産回数が少ないため、貴重な馬プラセンタは高価になりがちですが、その分の働きは期待できるでしょう。

プラセンタは、「量」も大切ですが「質」も大切です。より効果を実感したいなら、馬由来のプラセンタを選ぶ方がいいでしょう。

プラセンタサプリメントとプラセンタ注射の違い

プラセンタの摂取方法には、サプリメントだけでなく「注射」という方法があります。

直接濃度の高いプラセンタエキスを体内に取り込むのですから、サプリメントと比べて格段に即効性があります。ただ、プラセンタ注射には保険が適用されないことが多いので、かなり費用が高価になります。また、即効性が期待できるとは言え、効果は一時的なもの。プラセンタによる効果を継続して実感したいなら、サプリメント等で毎日摂取することが必要なのです。

病院に行かなければプラセンタ注射は受けられませんが、通販で手軽に始められるというのも注射とサプリメントの大きな違い。まずは気軽にサプリメントから初めてみる、というのが良いかもしれません。

病気の治療等で医師から処方を進められた時でなければ、サプリメントを上手に活用することで、若々しさや美しさを保つことは十分にできるでしょう。