Q:プラセンタは、妊娠中、授乳中に飲んでも大丈夫ですか?

A
プラセンタサプリメントについては、「食品」であり「薬」ではないので、妊娠中・授乳中に飲んでも重大な影響を及ぼすことは少ないと考えられますが、万一のことを考えて飲むのを止めるか、お医者さんに相談されてから決めるのが安心でしょう。

一方で、プラセンタは、妊娠中の女性や妊活中の女性に嬉しい働きも期待できますよ。

妊娠中・授乳中のプラセンタサプリは安全?

妊娠中や授乳中は、いつも以上に食べるものに気を使いますよね。
妊娠中や授乳中の女性が、プラセンタサプリを飲むことによる影響は、現時点では報告されていないようです(美容目的でのプラセンタサプリの歴史はまだあまり長くないので、臨床データが揃っていないそうです)。プラセンタサプリはあくまで「食品」ですから、薬とは違う」とも言えます。

また、昔から健康に良いとして世界で取り入れられてきたプラセンタは、出産前後の女性の体力回復にも有効とされていたようです。栄養が不足しがちな妊娠中・授乳中の女性にとって、嬉しいものなのかもしれません。

ただ、「子どもへの影響が心配だから、サプリや薬をのむのも緊張する」という気持ちは良くわかります。「危険ではないが、必ず安全とも言い切れない」というのが現状ですから、あらかじめ、お医者さんに相談されてから飲むと良いでしょう。

「もしかすると、子ども影響があるかも…」と、飲むこと自体にストレスを感じてしまうであれば、「飲まない」という選択肢を取るのもアリだと思います。

妊娠中の不調や、妊活にプラセンタが評判がよい

実は、プラセンタサプリを摂取することで、妊娠中の不調や妊活の悩みに良いということも言われています。

妊娠中には、ホルモンバランスが大きく変化するため、気分の落ち込みや肌荒れといった症状が現れがちです。プラセンタは、ホルモンバランスを調整してくれると言われていますから、妊娠中の不調に良いというわけです。また、細胞の生まれ変わりの促進や、肌の潤いにも良いため、お腹が大きくなるにつれて出てくる「妊娠線」の予防にも良いのではと考えられています。

また、プラセンタを摂取することで、ホルモンバランスが良くなるので、生理周期が自然な状態になることが期待されます。そのため、妊娠しやすい体になるといえるのです。