Q:プラセンタサプリと飲み合わせの良くないものはありますか?

A
基本的には、プラセンタと一緒に摂取することで健康被害が現れる成分は報告されていないようです。プラセンタサプリメント自体は「健康食品」という扱いですから、あまり神経質になることはないと思われます。

特にプラセンタの服用を不安に思うのは、低用量ピルを服用している女性。「ホルモンの治療なのに、ホルモンに影響するサプリメントは良いの?」とう点が気になるようです。しかし、これに関しても重大な健康被害は報告されていません。どうしても心配な人は、かかりつけの医師の診断を仰ぐことで安心してプラセンタサプリメントを飲むことができるでしょう。

プラセンタと他の薬の飲み合わせ

現時点で、プラセンタと薬を同時に飲んで問題が起こったという報告はないようです。
プラセンタサプリメントは「健康食品」ですから、神経質にならなくても大丈夫だと思います。もし不安な場合は、医師の診断を仰いでくださいね。

また、健康に気を使っている人であれば、プラセンタ以外にも複数のサプリメント(飲み合わせの良くなものはありますか?)を摂取しているかもしれません。今までのところ、プラセンタと他のサプリメントを併用したことによる被害の報告はありませんから、特に心配することはなさそうです。それぞれのサプリメントだけでは補えないものも多いので、複数のサプリを飲むことでより多くの栄養成分を補給することができるでしょう。

ビタミンやミネラルに関しては、1日の摂取量目安はあるものの、過剰に摂取された分は体外に排出されると言われています。ですから、あまり心配することはないといえます。

不安であれば、プラセンタサプリメントを「少量ずつ」始めて、飲み合わせによる体調の変化が現れないかを確認するとより安心できるでしょう。

低用量ピルとプラセンタ

生理痛の緩和や、避妊を目的として、婦人科で低用量ピルを処方されている方にとっては、「生理痛にも良い」とされるプラセンタサプリメントの摂取は迷うところだと思います。しかし、現在のところプラセンタとピルとの作用は報告されていないようです。

そもそも、プラセンタは「ホルモンバランスを整える効果が期待できる」というもので、ホルモンそのものではありません。これまでにトラブルが合ったという事実もありませんから、特に心配する必要はないのではと思います。

ただ、あくまで「これまでにトラブルがない」「医学的な根拠がない」とう、いわば”グレー”の状態ともいえます。どうしても不安な場合は、かかりつけ医の診断を仰ぐ方が安心かもしれません。また、不安が払拭できないのなら、プラセンタとピルの併用を避けるというのも一つの手です。

健康と美容のために飲むものですから、納得した上でプラセンタサプリの摂取を決めるようにしましょう。