Q:プラセンタを飲むと、生理のときに楽になると聞きましたが、本当ですか?

A
はい。プラセンタサプリを継続的に摂取することで、PMSや生理痛が楽になることが期待がされています。
ただ、プラセンタは薬ではないので、「必ず生理痛の辛さやPMSが改善する」という訳ではないことを理解しておきましょう。

生理に関する不快な症状は、女性ホルモンバランスの乱れや血行不良で引き起こされると言われています。プラセンタを摂取することで、ホルモンバランスが整い、血の流れが良くなるので、PMSや生理痛が楽になることが期待できます。

生理の悩みを引き起こすのは、”女性ホルモン”のバランス

生理が近づくと、なんだか憂鬱になってしまう。生理痛がひどくて日常生活も辛い。
そんな悩みを抱える女性は少なくありません。

具体的な症状としては、下腹部痛、頭痛、腰痛、吐き気、胸のハリ、便秘、倦怠感、イライラする、情緒が不安定になるなど。これら、生理前に起きる症状はPMSとも言われます。一般的に、生理の1週間前程度から症状を自覚する事が多いようです。生理が始まると、強い生理痛に悩まされ、起き上がることも難しいという人もいます。

生理に伴って、これらの症状が起きる原因としては、「女性ホルモンの急な増減」「血行不良」が考えられます。

女性の体で排卵が起きると、「プロゲステロン」という黄体ホルモンが急激に分泌されます。しかし、受精せずに生理を迎えると、このホルモンは急激に減少します。短期間でホルモン量が急激に増減するため、自律神経のバランスも狂ってしまうため、PMSに陥ってしまうそうです。

生理が始まると、経血を体外に排出するため「プロスタグランジン」という物質が増え、これにより痛みが引き起こされるようです。また、生理の終わりには血流が滞ってしまうことで、冷えや腰痛が起きると言われています。

つまり、ホルモンバランスと血行不良を調整できれば、生理が楽になることが期待できます。

プラセンタサプリが生理を楽にしてくれる理由

プラセンタサプリには、乱れたホルモンバランスを安定させてくれる働きが期待できます。つまりPMSや生理痛の原因となるプロゲステロンやプロスタグランジンの急激な増減や分泌を弱めてくれるのです。また、血の流れを良くする働きもあると言われていますから、血行不良に伴う冷えやむくみも楽になるかもしれません。

プラセンタには豊富な栄養素が含まれていますから、生理を楽にする以外にも、肌が綺麗になったり、疲れにくくなったりという変化も期待できます。生理前後は肌荒れに悩みがちですから、肌状態が少しでも良くなるというのは、それだけで前向きな気持ちにしてくれると言えます。

生理の症状がひどい場合には、医療機関でプラセンタの注射を行う場合もあります。
しかし、「病院に行くほどではない」「できる限り、安価に楽になりたい」という場合は、プラセンタサプリを継続的に摂取する習慣をつけるといいかもしれませんね。